AQUOS PHONE ZETA SH-09D購入後最初に行うべき設定まとめ

AQUOS PHONE ZETA SH-09Dを購入後、ここだけは押さえておきたい設定項目をまとめました。

【初回設定】

Screenshot_2012-07-01-20-41-06.jpg

端末設定→初回設定
※本体初回起動時、自動的に初回設定が立ち上がるはず

ここである程度、最低限使えるだけの基本設定が済ませられるので一番最初に行います。
ホーム画面はシャープ独自UIであるFEEL UXのほうがオススメ。



【設定】

端末設定のここだけは重要な項目を以下に抜粋

<壁紙・画面設定>

この項目では「ウェルカムシート(ロック画面)」をいじれば、ウェルカムシートで表示される壁紙5枚を任意の物に設定したり、ライブ壁紙に変更できたりします。

ここまでのFEEL UX・ウェルカムシート設定の使い方は以下の記事で紹介しています。
AQUOS PHONEの独自UI「FEEL UX」の使い方

画面の明るさ等は後述する「省エネ設定」で行います。
※シャープ独自の「エコ技」を使用すると、そちらの設定が優先されるので、ここで変更してもエコ技に切り替えた瞬間無効になります。


<省エネ設定>

Screenshot_2012-07-01-20-41-40.jpg
ZETAの目玉機能でもあるエコ技はそのままでも十分使えますが、「編集」から自分好みに調節が可能。

Screenshot_2012-07-01-20-41-50.jpg
以下はデフォルト設定では使っていて難がある部分と感じたので変更推奨です。

省エネWi-Fi
技ありモードでは「ON」だが、「OFF」に変更。
ONだとWi-Fi感度が悪くなるので、ルーターとの距離が離れた部屋にいると受信が切れやすく不便。

バックライト点灯
標準・技ありモード共に「1分以上」に変更。
デフォルトでは30秒ですが、これだと無入力状態ですぐにスリープ移行してしまうので不便。

なめらか
技ありモードでは「OFF」だが「ON」に変更。
省エネの為にスクロールがガクガクになってはストレスが溜まるので、ここは必ずONにしましょう。

最後に右上の「電池残量」で標準⇔技ありモード切り替えタイミングを調節したり
「切替時間」から、この時間帯は必ずエコ技に切り替わるように設定できたりします。


【通話設定】

<ドコモネットワークサービス>

2012-08-09 21.23.34

声の宅配便・・月額使用料無料 声でメッセージを録音しSMSで相手に送れるサービス。
留守番電話サービス・・月額使用料315円 電話に出られない時相手からのメッセージを録音してくれるサービス。
転送電話サービス・・月額使用料無料 これはよくわからないので公式ページで確認してください。
キャッチホン・・月額使用料210円 電話中に他から電話がかかってきても、受話中相手を保留にして受け取る事ができるサービス。
発信者番号通知・・月額使用料無料 相手の端末に自分の名前等が表示される。最初から「通知にする」に設定されている。
迷惑電話ストップサービス・・月額使用料無料 イタ電相手の番号を指定して着信できなくすることができるサービス
番号通知お願いサービス・・月額使用料無料 発信者通知「しない」人からの着信があると、必ず「する」にしてとガイダンスしてくれるサービス。「しない」着信は強制的にシャットアウトされるので注意。
通話中着信設定・・よくわからないので公式サイトで確認してください。
着信通知・・月額使用料無料 電源OFF/圏外時に着信があった場合SMSでお知らせしてくれる。
英語ガイダンス 月額使用料無料 英語でガイダンスしてくれる。留守番電話との組み合わせで。
遠隔操作サービス・・月額使用料無料 紛失時にロックをかけることができる
公共モード設定・・月額使用料無料 運転中などにガイダンスで着信できないことをお知らせする。

<伝言メモ>
2012-08-09 21.46.25

有料サービスの「留守番電話」と無料の「伝言メモ」の違いは、
留守番電話・・圏外/電源が入ってなくてもドコモセンターにメッセージが保存される
伝言メモ・・通話ができる場所で受話しなかった場合、端末内にメッセージを保存させる。

初期時はOFFになっているので、ここは「ON」にしておいたほうが役立ちます。
ガイダンスが流れるまでの秒数も設定可能。


<アプリ>

Screenshot_2012-06-30-12-00-41.jpg
OS4.0ではアンインストール不可能アプリも無効化ができます。
「無効にする」と本体に常駐しなくなります。

無効化したアプリはリストの一番下に「無効」と表示され常駐しなくなります。
戻したい場合は「有効にする」で元に戻ります

★無効化アプリ選定のコツ★
アプリは有効化されていても中には常駐しないものもあるので、やみくもに無効化すればメモリの節約に繋がるわけではありません。
私のやり方ではストアで配信されているMemory Boosterを使い、これで常駐しているアプリを探し出します。

2012-08-30 21.43.07
タスクキラー項目で下の「ユーザのみ表示」のチェックを外すと、現在端末で常駐しているシステム及びアプリがすべて表示されます。
この中からAndroidシステムとは関係無さそうなアプリを見つけて無効化すると効果的です。


<データ使用>

Screenshot_2012-07-01-20-46-45.jpg
パケホーダイダブルで最低料金運用をする人にとっては重要な設定箇所。

データ通信
ここをOFFにすると完全に3G/LTE通信がされずパケットが漏れる心配が無くなります。
Wi-Fiや他の端末からのテザリング通信は可能。

データ通信の制限を設定する
ここは3G/LET通信はしたいが、ある程度までパケット数を使うと通信しなくするようにしてほしいときにチェックを入れます。

これはグラフのバーで調節可能で、画像ならパケホーダイダブル最低料金維持の目安である5MBになると警告が発動(制限はされずお知らせ扱い)
パケホーダイで通信制限が行われる7GB(ライトは3GB)になると、制限が発動しこれ以降3G/LTE通信が行われなく設定ということになります。


<テザリング>

Screenshot_2012-07-01-20-47-25.jpg
「Wi-Fiアクセスポイント設定」で任意のパスワードに変更させる。
デフォルトではランダムな英数字になっているので入力が大変。


<位置情報サービス>

Screenshot_2012-07-01-20-48-36.jpg
「Googleの位置情報」だけチェックを入れておき、「GPS機能を使用」はチェックを外すと省エネ。
マップでGPSを使いたい時だけトグルスイッチでON/OFF切り替えましょう。


<ロックとセキュリティ>

Screenshot_2012-07-01-20-48-59.jpg
「提供元不明のアプリ」のチェックを入れる。
GooglePlay以外のサイトからapkをダウンロードしてインストールするときにチェックが入ってないとインストールできません。
「端末の暗号化」などは落とす心配がある人だけ設定したほうが安全ですが、毎回の解除も面倒になります。


<言語と文字入力>

Screenshot_2012-07-01-2a0-50-23.jpg
ZETAで使うソフトウェアキーボードは「iWnn IME-SH edition」横の設定アイコン部分をタッチすると設定画面へ進めます。
ここでは一番利用頻度の高い「辞書の設定」について。

例えば「日本語ユーザー辞書」では、画像のように
読み「めー」表記「メールアドレス」と入力すると、
キーボードを入力したとき「めー」の段階で変換リストに登録したメールアドレスが表示されるようになるので、ワンタッチで入力することが可能になります。


<ユーザー補助>

Screenshot_2012-07-01-20-51-36.jpg
「端末クリーンアップ」にチェックを入れると任意の曜日・時間帯に自動的に端末再起動を行うように設定できます。
1週間も使い続けると、色々とメモリも蓄積されるので、必ず設定しておいて再起動させるようにしたほうがいいです。


<端末情報>

Screenshot_2012-07-01-20-51-16.jpg
操作のタッチ反応などが悪いと感じたら「タッチパネル補正」「センサー感度補正」で正常に戻すことができます。
OSのバーションアップやソフトウェア更新もこの項目から。
ソフトウェア更新はデフォルトでは「自動的に更新する」になっていますが、安定してるか様子を見てからVERアップする人は「自動更新しない」ように変更しておきます。

Screenshot_2012-07-01-20-40-36.jpg
毎度お馴染みの隠しコマンド、イースターエッグも収録されています。
「Androidバーション」部分を連続タッチすると画像のようなお遊び画像が表示されます。


【カメラ】

Screenshot_2012-07-01-20-53-17.jpg
カメラもすぐに使う機能ですが、デフォルトでは画像の保存場所が端末側になっているので、SDカードに保存されるように変更します。
設定→保存設定→保存先設定

保存先フォルダは
本体保存ならDCIM
SDカード保存ならexternal_sd→DCIM


【電話帳アプリ】
2012-08-10 00.10.18
<コミュニケーション>項目から下メニューの<表示項目>を選択し、
「電話」以外のチェックを外すと多少メモリの省エネに繋がります。


【入れておきたいアプリ】

以下のアプリは必要性の高いものなので入れておきます。

My docomo
毎月の料金や現在のパケット使用量がわかるドコモ公式アプリ
SH-09D 取扱説明書
電子取扱説明書。冊子よりも詳しい説明で検索の制度も高いため迷ったらこれで調べます。
Gガイド番組表(docomo版)
ワンセグの録画予約をするためには、このアプリが必要。
おサイフケータイ アプリ
おサイフケータイ Webプラグイン
おサイフ機能を使う場合はこの2つをインストールすることが必須。
あとは用途にあわせてEDYやnanacoアプリもダウンロードします。
spモードメール
購入時セットアップしてもらわなかった場合は自分でインストールします。
設定方法は関連記事で書いています。
SHホーム(タイプA)
どうしても以前のシャープ製ホーム画面がいい場合はこのアプリを入れます。


【電子マネーの移行方法】
移行手数料が0円で済む「nanaco」の解説だけ紹介しています。
EDYでは移行手数料105円かかるので、少額なら前の機種で使いきってしまったほうがいいです。
2012y08m29d_233534737.jpgnanacoモバイル 機種変更での電子マネー移行解説


【LTE通信をOFFに3G通信のみにする方法】

以下の記事を参照してください。
Android LTE対応端末でLTEだけOFFにする設定方法


【スクリーンショット】

最後にOS4.0から端末画面のスクリーンショット機能が追加されました。
ZETAなら電源ボタン+音量↓ボタンの同時押しで撮影可能(ちょっと長めに押す必要あり)
画像の保存場所は変更できず、端末側の以下の場所に保存されます。
Pictures→screenshots


以上がAQUOS PHONE ZETA SH-09D購入後最初にしておきたい設定箇所でした。

<関連記事>
SH-09D/SO-04D/F-10Dの総評
SH-09DとF-10Dのメモリ(RAM)消費比較
Xperia搭載キーボード「POBOX 5.1」をF-10D/SH-09Dにインストール
AQUOS PHONE ZETAでDLNA機能を使いPS3で視聴する方法
AQUOS PHONE ZETA SH-09D スマートファミリンクの設定
AQUOS PHONE ZETA SH-09D 用途別オススメアプリ
XperiaGX/SX内蔵「WALKMAN」アプリをSH-09Dで使用する
【感想】AQUOS PHONE ZETA SH-09D 使用感レビュー
Androidを購入したら入れるべき定番オススメアプリまとめ
AQUOS PHONE ZETA SH-09D購入 端末価格・同梱物は
自分で行うSPモードメールの設定方法

オススメマニュアル本
51XN6.jpg

AQUOS PHONE ZETA Perfect Manual 1659円




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/14 02:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/581-75cd362f


まとめtyaiました【AQUOS PHONE ZETA SH-09D購入後最初に行うべき設定まとめ】

AQUOS PHONE ZETA SH-09Dを購入後、ここだけは押さえておきたい設定項目をまとめました。【初回設定】端末設定→初回設定※本体初回起動時、自動的に初回設定が立ち上がるはずここである程
[2012/07/03 00:55] URL まとめwoネタ速neo