ICS専用ホームアプリ「Apex Launcher」の使い方

「Apex Launcher」はOS4.0以上のみを対応とした軽量ホームカスタマイズアプリです。
標準Androidホームに付加価値を加えた内容となっており、スクリーン枚数やアイコン表示数を弄りたい人。
またメモリを極限まで抑えたいという人にオススメです。

2012y07m06d_133157432.jpg

GooglePlayストア:Apex Launcher
価格:無料
その他:OS4.0以降のみ対応


8月13日更新
いくつか項目説明を加筆しました。


特に重要な部分をピックアップし最短で使うセッティング方法。

【基本操作】
・ドック部分も含めアイコン長押しで削除やアイコンの入れ替えが可能。
・ホーム画面でアイコン同士を重ねるとフォルダ作成可能
(フォルダ名は「名前のないフォルダ」部分をタッチすると変更できる)

【Apexの設定】

【ホームスクリーンの設定】
ホーム画面表示を設定する項目。主にアイコンの表示数を変更可能。

縦画面のグリッド
デフォルトは縦横4つずつ計16個のアプリが1枚のページに収まるようになっています。
オススメは5×5=25個配列

スクリーン管理
デフォルトではホーム画面枚数は5枚。
「+」で自由に増やせ、減らしたい時はページを長押しして「削除」のところへ持っていくだけ。

弾性のあるスクロール
ページをスクロールした時にゴムのように弾むような感じになります。
但し急いでスクロールさせるには向いていないので「無効」がオススメ。
※「ドロワーの設定」等、他の項目でも同様の内容です。

スクロール時間の最低値
ページスクロールの早さになります。この数値を「1」にすると最速で瞬時に移動できます。
デフォルトの「0」は多少見た目にも拘ったなめらかスクロールとなっています。
※「「ドロワーの設定」等、他の項目でも同様の内容です。

インジケーターを表示
ホームの何ページ目かわかるように青いラインがスクロール時に表示されるようになります。
ホーム枚数が少なければチェックを外して機能OFFでも不都合はありません。
※「ドロワーの設定」等、他の項目でも同様の内容です。

クイック検索バー
ウィジェット扱いなので使わなければ不要なので「表示しない」にしておきます。


【ドロワーの設定】
ドロワー=アプリ全リストです。

非表示のアプリ
普段余り使わないアプリにチェックを入れると、ドロワー内で非表示にできる。表示させたい時はチェックを外します。
メモリが軽量化されるわけではないので、リストをスッキリさせたい時だけ使用するといいです。

アプリの並べ替え
タイトルは数字→英字→ひらがな順のソート
他インストール日や、使用頻度の高い順のソートも可能

ドロワーのスタイル
ページ送りを横か縦に変更可能。

タブ
<タブの右側に表示するアイテム>
「アプリ」「ダウンロード済み」「ウィジェット」横に表示されているアイコンのこと。
「Apexメニュー」が一番使いやすいと思います。

<タブの結合>
チェックを入れていると、「アプリ」の最後のページから次のページを開くと、そのまま「ダウンロード済み」のリストへ移行します。
上のタブから切り替えたほうがリストの繋がりがわかりやすいのでチェック外すほうがオススメ。

<プライマリタブを表示>
ドロワー上タブ「アプリ」の事。これは常に表示させたほうがいいのでチェックを入れる。

<セカンダリタブを表示>
ドロワー上タブ「ダウンロード済み」の事。必要なければチェック外す。

<ウィジェットタブを表示>
ドロワー上タブ「ウィジェット」の事。必要なければチェック外す。


【ドックの設定】
ホーム画面下、固定部分表示にあたります。

ドックの数
デフォルトは3で、ドック部分をスワイプするとページが入れ替わります。
あえて「1」に設定したほうがスッキリします。

ドックに置くアイコンの数
ここはデフォルトの5つのままが一番見栄えが良い。
中央のドロワーアイコンは外すことも可能。


【動作設定】

スクリーンの向き
デフォルトだと端末を縦・横にした時自動で向きが変わります。
但しアプリ数によっては並びがずれることもあるので「常に縦画面」にしておくほうがよい。
※動画アプリなどでは横画面になるので大丈夫

タッチ操作バイブ
デフォルトでは「アイコン長押し」のみチェックが入ってますが、バイブが必要なければ全てチェック外します。


<高度な設定>

メモリに常駐
ここは必ず「ON」にします。オンにすることで動作が更に安定。
※別のホームアプリを使う場合はチェックを外しておかないと、常駐した無駄にメモリ消費してしまいます。

使用履歴を送信
開発者にデータを送信。 余計な通信機能になるので支援する気がなければチェック外します。


【バックアップとリストア】

Apexの設定をバックアップ
ここまでの設定が終わったら、タッチすることでバックアップデータが保存されます。
バックアップ先は
Android/data/apexlauncher/apex_settings内に入っています。
データから戻したい場合は「Apexの設定を復元」を選択します。


【オススメテーマ】

az12a.jpg

Xperia Apex/Nova Theme 無料


az13.jpg

Jelly Bean Apex / Nova Theme 無料


少ないメモリで動作が軽いという以外に特に特徴のないホームアプリ。
OS2.3の頃はこの手のアプリを入れて動作を良くする方法が効果的でしたが、4.0ではガラスマのホームでも総じて動きが良いので劇的に変わるわけでもありません。
とにかくシンプルで軽かったらデザインは気にしないという人に向いています。


<ホームカスタマイズアプリ関連記事>
2011y08m25d_205853691A.jpg「ADW.Launcher」初めての人向け最低限の設定・使い方
2012y03m03d_140633610_20120303150936.jpgADW.Launcher EX 3分以内に終わる最短最速設定
2011y09m19d_105240701A.jpg「Go Launcher EX」初めての人向け最低限の設定・使い方
最新2.87対応 「Go Launcher EX」の使い方
2012y03m31d_130028315s.jpg「LauncherPro」初めての人向け最低限の設定・使い方
2012y08m14d_234915455.jpgICS専用ホームアプリ「Nova Launcher」の使い方

2013y01m12d_115431228.jpgGOから更に進化した「neXt Launcher 3D」使い方
ICS以降の全端末に対応「Xperia Launcher」使い方


[ 2012/07/06 14:07 ] Android(アプリ) | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/586-ca8d3482


まとめtyaiました【ICS専用ホームアプリ「Apex Launcher」の使い方】

「Apex Launcher」はOS4.0以上のみを対応とした軽量ホームカスタマイズアプリです。標準Androidホームに付加価値を加えた内容となっており、スクリーン枚数やアイコン表示数を弄りたい人。
[2012/07/06 14:34] URL まとめwoネタ速neo