ARROWS X F-10D 起動直後の本体領域/SDカードフォルダ構成

ARROWS X F-10Dを購入し起動直後のフォルダ構成です。
画像に表記されてるフォルダ以外のものは、アプリインストール等で後から追加されたフォルダということになります。
OS4.0端末ではいずれも起動直後は同じフォルダ構成になると思います。

【本体領域】
2012-08-19 18.00.47



Alarms・・・アラーム音用フォルダ。この中にアラーム音ファイルを入れると反映されるはず。

Android・・・dataフォルダが作成されている
2012-08-20 22.03.41
このフォルダ内に「com.~」フォルダが多数作成されますが、主にキャッシュファイル等が作成されます。(起動直後は全てのフォルダは空)
最初はgoogle関連のフォルダだけとなっていますが、「dropbox」など一部のアプリを起動した時に、「com.dropbox」のようなフォルダが作成されていきます。
削除しても本体システムへの影響は無いと思います。

DCIM・・・カメラ撮影したファイルを本体領域に保存する設定にしていると、このフォルダ内に写真がはいります。

Download・・・標準ブラウザを使用してファイル等をダウンロードした場合このフォルダに入ります。

external_sd・・・このフォルダからSDカード内のファイルを見ることができます。
2012-08-19 18.01.23
SDカードをフォーマットした直後は「LOST.DIR」フォルダだけ作成されます。
このフォルダはインストール時など何らかの要因でファイルが破損した時に、ファイルが作成されます。基本フォルダ内は空のまま。
カメラの保存場所をSDカードに指定すると「DCIM」フォルダが作成されます。

Movies・・・中身は空。Googleストアで動画を購入すると入るフォルダかも。

Music・・・中身は空。Googleストアで音楽を購入すると入るフォルダかも。

Notifications・・・通知音用フォルダ。 この中に通知音を入れるとリストに反映されるはず。

Pictures・・・スクリーンショットを撮影するとファイルが保存される場所です。

podcasts・・・中身は空。名前の通りポッドキャスト用

Ringtones・・・着信音用フォルダ。この中に着信音を入れるとリストに反映されるはず。

以上が端末起動直後の本体領域/SDカードのフォルダ構成です。
以下は特定のアプリをインストールすると作成されるフォルダを臨時メモしていきます。

PRIVATE・・・SPモードメールアプリをインストールした段階で作成される。中身は空でバックアップファイルなどが作成されるのかも。

TunnyBrowser・・・ドルフィンブラウザーHDを起動すると作成されるフォルダ。中身は空。

Backups・・・各アプリのバックアップ機能でファイルを作成した場合。このフォルダが作成されることが多い。



[ 2012/08/20 22:34 ] ARROWS X(F-10D) | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/21 17:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/631-a6684522