SH-09D/SO-04D/F-10Dの総評

2012年ドコモ夏モデルスマホは「XPERIA GX」「ARROWS X」「AQUOS PHONE ZETA」の3台を購入しました。
これまでに各端末毎の感想記事を書いていますが、まとめとして3台を比較した総評記事になります。

IMG_3385.jpgIMG_3382.jpg
左SH-09D、中SO-04D、右F-10D



【デザイン】
ディスプレイサイズはSH-09Dのみ4.7インチで、他2台は4.6インチになります。
3台同じサイトを表示させていますが、一番広く表示されたのは物理ボタンとなっているF-10Dでした。
SH-09DとSO-04Dは0.1インチ違うものの画面表示はほぼ同じ、横幅が狭い分SO-04Dが若干コンパクトに感じられました。
いずれにしても画面サイズが大きいのでiPhoneのような豆粒サイズな文字にならず、PC用サイトであっても非常に見やすい画面でした。
液晶の質感はSH-09Dがやや明るめというか文字中心のサイトを見る際には一番見やすい気がしました。(画像は写真映りが悪いのでちょっと暗く見えています)

端末のデザインは当初F-10Dだけカタログを見てロボットみたいなゴツさがあると感じていましたが、実際は正面からみるととてもスッキリとしていて、厚みも一番ありますが側面が滑らかなカーブになっているので、手に持った時のフィット感がとても良く重さを感じさせません。
SO-04Dは一番軽く想像通り片手でも操作しやすい抜群のデザイン。背面に手のひらが触れにくいので熱さも伝わりにくい。

あえて順位を付けるとするなら
SO-04D>F-10D>SH-09D


【操作感・レスポンス】

動きのスムーズ差はこれまでに伝えているように、ホーム・ブラウザともにヌルヌルスクロールして引っかかりは全くなし。OS2.3とは別物で4.0で一番変わった部分だと思っていいです。
SH-09Dだけダイレクトトラッキング技術という機能が入っていて、他の2台以上に僅かな指の動きでスクロール反応してくれます。
逆にいうと反応が良すぎて1タッチ決定がスクロール判定になってしまうことも度々あるぐらい機敏な動きをします。

操作感についての順位はどの端末も1位で文句のつけようがないです。


【音質・通話】

スピーカーで音を鳴らした時の音質になりますが、SO-04Dでは独自機能で「xLOUD」があり、これをチェック入れると入れ無いとではかなりハッキリと違いが出ます。
F-10Dもドルビーモバイル機能のON/OFFがありますが、ONにした時のほうがスピーカーの音質がよくなりました。

通話に関してはF-10Dの合わせるボイス機能がとても良く出来ていて、相手の声が聞き取りやすいです。

3端末ともほとんど差はない感じですが、音楽を聞いた時は
SO-04D=F-10D>SH-09D
でSH-09Dだけちょっと音が軽いかもしれません。

通話に関しては断然
F-10D>>SO-04D=SH-09D
でした。


【バッテリー・熱】

2012-08-29 19.47.54Screenshot_2012-07-02-21-16-47.jpgScreenshot_2012-08-06-19-17-02.jpg
左から順にSO-04D/SH-09D/F-10D

いずれも購入直後で使用しているのはブラウザ閲覧とFLASHゲーム(アメーバピグ・農園ホッコリーナ)を少々しています。
やはり目立つのはF-10Dの消費の激しさで、普通にブラウザを見ていてもすぐに40度近くまで熱が上がり、ゲームをすると最高で60度まで達しています。
この時は歩数計などある程度機能をONにしていた部分もあり、機能を押さえて使用すると10%ほどの改善は見られました。

SH-09Dのバッテリーは安定して持ちます。ただ熱はF-10Dほどにないにしろ、やはりブラウザを見ているだけで40度前後には上がります。
ただ端末の熱さはなぜかSH-09のほうがかなり熱く感じられF-10Dのほうは表示ほど熱は伝わって来ません。
SO-04はバッテリーの持ち熱ともに全く問題なしでした。

いずれもある程度機能を動かして使用しているので、しっかり調整すれば10%~15%程度改善できることを確認しています。

2012-09-04 22.28.45
F-10Dもしっかり調整すればスリープ状態のまま放置して半日置いても暴走することもなくしっかり持ってくれます。


【GPS】
2012-08-31 14.58.38Screenshot_2012-07-02-21-50-38.png2012-08-07 17.37.05
GPS Statusアプリを使用して自宅内で補足
左からSO-04D/SH-09D/F-10D

一番衛星を多く補足してくれたSO-04Dが実際の電車内でも非常に精度高くレーダーで追尾してくれました。
SH-09DとF-10Dも同等で実際の使用ではちょっとずれることもあったものの、実用では不具合無いぐらいの挙動で問題はなかったです。

順位はSO-04D>SH-09D=F-10Dです。


最後に3端末の特徴を言うと
XPERIA GX
防水などの付加価値が無く独自機能も絞られていますが、その分外れと言える機能が無く全てにおいて100%の完成度で仕上げられています。
ただ機能が少ないのに端末価格72240円はやや割高でブランド色が強い印象。ACアダプターも別途購入する必要があるのでサービスは悪く感じられる。
端末の安定さ機能の高水準さでは今年の夏モデルではダントツで飛び抜けています。

AQUOS PHONE ZETA
NOTTV以外の全部入りで、メーカー独自機能も多く端末価格67200円でNEXTシリーズでは最もやすくコストパフォーマンスは最高。
特に欠点らしい欠点も無いが、他の端末と比べて飛び抜けていいところもなく全てが平均点以上で無難にまとめられています。
安定した動作で全部入り端末を試したい人には最適です。

ARROWS X
こちらもNOTTV以外の全部入り(NFCは未対応)メーカー独自機能もダントツの多さですが、やはり完成度にムラがありイマイチな物もあれば、あわせるボイスのように素晴らしい機能もあるという感じ。
自分で色々カスタマイズして、荒くれ者を自分のものにしたい人には最後まで楽しめる端末です。


私はデータ通信用としてGXをメインに使い、通話用としてどちらを残すか迷いましたがXを選び、ZETAは里親に出しました。
ISW11Fでもそうでしたが、ARROWSは出来が悪い子でもなんか愛着があって手放せません。

<関連記事>
【感想】XPERIA GX SO-04Dレビュー 安定感抜群の高性能端末
【感想】ARROWS X F-10D 数日使用してのレビュー
【感想】AQUOS PHONE ZETA SH-09D 使用感レビュー



[ 2012/09/05 00:03 ] XPERIA GX/AX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/645-b1b4893c