【感想】XPERIA TABLET S とにかく音質が素晴らしい

初めて使ったAndroidタブレット「Xperia Tablet S」
iPad(2012年モデル)とどの程度違いがあるのか比較しつつの感想となります。

DSC_0003_20120913221001.jpg


【デザイン】

iPadよりも80g程度の軽さなので、まだ気軽に持ち運べる重量ではないので自宅専門で使いたい。
持ちやすさではXperiaのほうが良く、ちょっと変わったデザインですが実際に触ると使いやすく感じました。
液晶部分もXperiaのほうがより黒が引き締まっていて、反射が少なく指紋がついても拭き取りやすい。
iPhoneをただ大きくしただけのiPadと違い、Xperiaは凝った作りをしているのでデザイン性では上です。


【操作感・レスポンス】

OS4.0ということで、これまでに使用している夏モデルのスマホとほぼ一緒のレスポンス。
CPUにクアッドコアが使用されているからといって動きが早くなったということはありません。
まだiPadのようにタッチやスクロールの感度の良さでは追いつけていないですが、今後OS4.1にアップデートが確定しており、そこでレスポンスは大幅改善されると見ているので、iPad並になる可能性はかなり高いはずです。


【液晶画質】

Screenshot_2012-09-16-15-17-29.jpg

XPERIAとiPadを見比べてみても前者のほうが色合いがよりハッキリして見えるので好み。
解像度が1280×800ドットというのが発売前からネックになっているみたいですが、動画を見る限りでは全く気になりません。 
むしろ上下に黒帯が出ずHD、フルHD動画が画面ピッタリに収まるので見やすい。(iPadでは2,048 × 1,536ドットなので上下に黒帯が発生してしまう)
但しブラウザを見た時の文字の見やすさでは明らかにiPadのほうが小さな文字もクッキリ表示されているので、解像度による違いは文字部分だけです。
あと注意したいのはデフォルト設定では画面の明るさが30%に設定されており、これでは暗すぎるので70~80%まで明るくするととても綺麗な画質になります。


【音質】

記事タイトルにも書いてますが、今回特に素晴らしいのが音質です。
デジタルアンプの「S-Master」スピーカーの音をクリアでワイドレンジに補正する「ClearPhase」サラウンドスピーカーの音を仮想的に再現する「S-FORCE Front Surround 3D」といった独自の高音質機能になっていますが、iPadではもう音を鳴らしたく無いぐらいXPERIAのほうが豪華な音。

Screenshot_2012-09-16-15-31-28.jpgScreenshot_2012-09-16-15-31-45.jpg

この高音質機能は2パターンあり「Clear Audio+」にチェックを入れた場合は、細かな設定不要で音楽に合わせた最適な環境で再生されるので基本はこの機能を使います。

チェックを外した場合はWALKMANアプリで個別にイコライザーをいじれるほか、「S-FORCE Front Surround 3D」機能も使えるようになります。
S-FORCEはサラウンドスピーカーを仮想的に表現する機能で、チェックを入れると遠くから聞こえてるかのようなちょっと変わった音質で再生されます。
聞き慣れていないとサラウンドはクセのある感じに聞こえたので、個人的には外したほうが聞き取りやすい音声に感じました。

これら音機能はどうやらWALKMANアプリで有効なようで、「Poweramp Music Player」アプリの場合では、アプリ内機能のイコライザー設定で音が再生されるようです。


【バッテリー・熱】
Screenshot_2012-09-16-13-16-09.jpg

ガッツリ使用してないので正確にはわかりませんが、iPadよりはバッテリーの消費がやや大きいと思います。(明るさを80%に設定している影響もあり)
映像再生中も熱は30度半ばぐらいまでで、防水機能でも端末が熱くなることも無く快適。
スリープ中もほとんど減少がないので非常に安定しています。


【アプリについて】
Screenshot_2012-09-16-15-57-07.jpg
タブレットでアプリを見た場合、iPadのように引き伸ばされた2倍表示になるのかと思ってましたが、Androidでは自動的にタブレット画面に合わせたサイズになるのか、スマホで使っているアプリがそのままタブレットでも使えました。
完全にタブレット用ではないのでアプリによっては表示ズレや起動直後画面の向きが反対になるものもありましたが、特に問題なく使えています。
産経新聞も少しだけ拡大するとハッキリと文字が見えるようになります。iPadではiPhone用の産経新聞が起動できないようになっているだけにタブレットでも見れてうれしい。

追記→見れたと思ったのですが、一面だけで次のページを開こうとしたら有料課金が必要と表示されて見れませんでした。
スマホでは2ページ以降も見れるので、どうやらアプリ側でスマホかタブレットか判断できるみたいです。


以上がXperia Tabletの感想でした。
前機種のソニタブからスペックの変更が少なく、iPhone5の発表のせいでほとんど注目されていませんが、物としては非常に良くできた機種だと思います。



<関連記事>
Xperia Tablet S購入 メモリ・フォルダ構成・動作動画など
BDZ-ET1000 RECOPLAのワイヤレスおでかけ転送機能を使う


[ 2012/09/16 16:10 ] Xperia Tablet Z / S | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/657-711cc0bc