ARROWS X(F-10D)内蔵アプリ「DiXiM」を使った無線再生

ARROWS Xに内蔵されている「DiXiM」はブルーレイレコーダー等に保存されている動画などを無線でARROWS側で再生できる機能があります。
今回もBDZ-ET1000を使ってどのように再生されるのか紹介します。

2012y11m12d_222157011.jpg
DiXiM for Android



PP6.jpgPP7.jpg

最初にレコーダー側を起動しておき続いてDiXiMを起動。
最初はステップ1の設定を選択し「アクセス権の設定」から「アクセス権の初期設定」にチェックをつけ、接続機器の一覧にアドレスが表示されていればチェックを入れます。

PP2.jpg

設定後ステップ2から視聴するを選び、正常に認識していればサーバーに同じWi-Fiで繋がっている機器がズラッと並びます。
※ステップ1の設定をしなくても大丈夫な場合もあるので、とりあえずサーバーリストを見て出てこなければ設定をいじるようにすればいいかも。


PP3.jpg

レコーダーと接続すると、レコーダー側でジャンル分けされた状態で表示されます。


DSC00080R.jpg

ストリーミングで再生され画質・動作も良好です。


PP4.jpg

ライブチューナーでは現在放送されている地デジを見る機能ですが、XPERIA GXでは再生することができましたがARROWSでは非対応らしく、エラーがでてしまいました。


<関連記事>
BDZ-ET1000 RECOPLAのワイヤレスおでかけ転送機能を使う
BRAVIAとXPERIAでWi-Fi Direct設定を行う方法(他端末も可)
速度・安定感ともに最高クラスの無線LAN「AtermWR9500N」



[ 2012/11/12 22:42 ] ARROWS X(F-10D) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/701-c867041a