XPERIA ZとA 両方使用した人だけが感じる本当の製品評価レビュー

今年のXPERIAは2月にFHDのZ、5月にHDのAが発売され性能による違いで、製造が終了したZを買った人間が勝ち組だの、Aはガラケーユーザー向きだのと、片方持ちのユーザー(特にZユーザー)が好き放題独自の評価をネット上でしていますが、実際にZとA両方購入し使っているユーザーとして向き・不向きを正当に評価します。

DSC00301_R.jpg
卓上ホルダー、Zは差込口が固くSimplism製の極薄カバーが返金されたりと、卓上ホルダーの作り自体にも問題はありました。
しかしAではそのあたりが改善され力を入れなくても簡単に差し込めるように改良されています。


【解像度による違い】

両者の違いで最も比較されやすいのが解像度で、Aはスペックダウンしたとよく言われています。
しかしながら利用用途を分けてみると、FHDとHDは見た目でハッキリと違うと言える部分は少なく、実用面ではほとんど一緒と感じる部分も多い。

ほぼ一緒だと感じる用途
・ブラウザでのサイト閲覧

DSC00296_R.jpgDSC00298_R.jpg
ブラウザの文字は確かにZのほうがよりクッキリ表示されますが、スマートフォンサイトは閲覧に最適なサイズで表示されるので、明らかにFHDのほうが見やすくHDが劣るとは全く感じません。
あとブラウザゲームなんかは、まだFHDに完全対応していないゲームも多く、HD解像度のほうが動作が軽くなるので遊びやすいです。


それほど大げさに違いを感じない用途
・映像・ゲームでの画質

映像については5インチサイズでFHDとHDでハッキリ画質差を見極められるほどの違いは出ないです。
私には10インチのXPERIA TABLET ZでFHDとHDで画質差が出るなと感じるぐらいで、5インチ再生ならほとんど気になりません。
スマホでTSファイルを再生するような映像マニアだけが拘ると思っておいたほうがいいです。


解像度による違いがハッキリとわかる用途
・雑誌タイプの電子書籍
・写真表示


DSC00299_R.jpgDSC00300_R.jpg
電子書籍でも密度の多くない漫画や書籍タイプは顕著な差は出ないのでHD解像度でも読みにくいと感じることはないですが、雑誌系の電子書籍では顕著に文字の滲みが出ており、これは誰の目で見てもFHDが綺麗と感じられます。
画像では判断がしにくいですが、産経新聞アプリで誌面を表示させた場合、Zでは等倍表示でも文字が読み取れますが、Aでは一番小さい文字が完全に潰れてしまっていて判別できません。

DSC00294_R.jpgDSC00295_R.jpg
写真も実物を見ないと色表示が判別しにくいですが、FHDでは全体的に引き締まった色で元画質との劣化は少ないですが、HDでは少し色が薄く見えるというかぼんやりとした色合いで表示されているように見えます。
映像と違いじっくりと見比べられる静止画なので、両方を実際に持っていたらやっぱりFHDで表示したほうが綺麗だとほとんどの人が感じると思います。


結論としては雑誌系の電子書籍を読む場合に限りFHDが特に優れており、写真の場合も動きのある映像と違い色表現をじっくりと見ることになるので、写真に拘りがある人ほど違いが気になると思います。



【デザイン】

持ちやすさ・使いやすさという点で見ると、これは誰が評価してもXPERIA Aのほうが使いやすいと答えと思うぐらい持ちやすく操作しやすい。
あとAはアーク形状では無くちょっとおデブに見えますが、しっかりと手のひらでホールドできるのでAXやGXより悪くなったわけではありません。
デザインとしてみればXPERIA Zは鏡面仕立てで高級感を感じるのですが、フラットボディは持ちにくく私的にはやっぱりiPhoneを意識していると感じてしまい好きではないです。

デザインは個人の好みになるので評価の対象にしませんが、通勤中に立って操作することが多い人はAのほうが使いやすいはずです。



【カメラ】

DSC_0009.jpg
RX3.jpg
カメラの性能はどちらも同じです。
下の写真は暗所撮影で、実物の色合いとは異なりますが結構ハッキリと撮影できます。
全く同じ性能ならより小さいほうが便利なので今はAで撮影することにしています。
シャッターボタンもAには付いています。



【バッテリー】

BAT1.jpgBA1.jpg
左がA右がZ

バッテリー容量はAが2300mAh、Zが2330mAhとほぼ一緒。
画像は毎日通勤中に行なっているブラウザでの閲覧がメインですが、HD解像度で若干Aのほうが燃費がいいですが待機中の安定度も含め両方共、よほど使い続けるようなことをしない限り余裕で1日持ちます。



【動作】



XPERIAはGXの頃から使いやすく調整されているのでストレスなく動作します。
あとAは1世代前のSnapdragon S4 Proが使われていますが、うちのブログでは実機購入したことのあるスマホしか比較評価しませんので、Snapdragon 600との違いはわかっていません。



こうして部分ごとに見ていっても決してAが劣化した製品というわけでは無く、Zの性能(解像度除く)を維持したまま使いやすさを重視したスマートフォンに仕上がっています。
実際のところ最近、通勤中は使いやすさのほうを重視してXPERIA Aのほうを使用しています。
Zの響きで購入当初はこれが完成形と思っていましたが、FHDのXPERIAはまだこれから更に良くなっていくはずです。


<関連記事>
これまでのXPERIA Z記事一覧
これまでのXPERIA A記事一覧


[ 2013/07/14 00:00 ] XPERIA A | TB(0) | CM(1)

好き放題に書かれてるのはAユーザーだと思いますけど…
[ 2013/07/15 10:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/912-81f609d2