ARROWS NXとXPERIA Zの比較レビュー

XPERIA Zを売却しARROWS NXに買い換えました。
買い替え動機は以前にも書きましたが、Z(パープル色)の中古価格が高く今の内に売っておき、ツートップ以外で評判のよいNXをARROWS Xからどこまで進化しているか見てみたかったから。

XPERIA Zが手元にあるうちに簡単な比較レビューをしました。

7月20日追記
XPERIAの各種apkを非rootでインストールした時の動作結果を掲載しました。


DSC00315_R.jpg
Z:5インチ 139×71×7.9mm/146g
NX:5.2インチ 139x70x9.9mm/163g

0.2インチ大きいながらサイズはほぼ一緒で、NXの厚みと重量がややあるだけ。
NXは上下のベゼルがやや狭くしてあることでサイズを抑えています。


DSC00316_R.jpg
ARROWSのNXホームだと5×4のアイコン数に対応しています。
使い勝手もF-10Dを使ってた頃より良くなっており、当初はXPERIAホームを無理やり入れようかと考えてましたが不要でした。

NXも飛散防止フィルムは貼られていますが、今回購入した品はドコモショップで液晶フィルム(たぶん純正)が綺麗に貼られた状態になっていました。
これが思いの外指さわりがよく操作が快適でした。サラサラコートディスプレイ機能のお陰?


DSC00317_R.jpg
横から見ると厚みも同じに見えますがNXは背面の形状がとても良く出来ています。
サイドの質感もかなりいいです。


DSC00319_R.jpg
Zと決定的にいいと感じるのが背面デザイン。
カーブが効いてる背面のお陰で手に持った時のフィット感が抜群で、操作がとてもしやすく重さも感じません。
今までZはフラットデザインがダメと書いて来ましたが、ほんとこのデザインは持ちにくいのでAみたいに多少見た目が悪くても使いやすさ重視で改善して貰いたいです。
あと艶のあるマット素材なので高級感もあり。本物のダイヤモンド粒子を使用しているみたいで、実は購入意欲をそそった特徴の一つでもあります。


【音質・画質はXPERIA Zのほうが上質】

※端末で撮影したものではなく拾ってきた画像を表示させたものになります。

NX1_20130718222430.jpg
NX(静止画補正はON)
Z1_20130718222433.jpg
Z(モバイルブラビアエンジン2はON)

1920×1080の画像を見ましたが、これは一目見てZのほうが色表現が優れていて、鮮やかさ・影の陰影も綺麗に表示されます。
Zに比べるとNXは色に深みが無いというかメリハリがない感じ。

MP3 320kbpsで再生した音質もSONYのClearPhaseなどの機能で、スピーカーで聞いてもまとまりのある綺麗な音質ですが、NXは微妙に演奏の鳴りがイマイチだと感じます。
NXはドルビーデジタルプラスという独自の音機能がありますが、これはOFFだと本当に平凡な音質で聞き取りづらく常時ONにしないとダメ。
音を大きくして迫力を出す程度で、音調整には期待できないと思ってください。

動画は静止画や高音質音楽に比べると、ごまかしが聞くのでNXでもZとそれほど変わらない画質・音質だと感じました。


【動作】


ブラウザ~産経新聞の表示~ゲームアプリ起動

ホーム画面及びブラウザのタッチ・スクロール動作はZと遜色無くとても快適。
若干NXのほうが反応が良すぎるのか、タッチする際微妙にスクロールしてしまうことがありますが、誤動作はほとんどないので許容範囲内です。

産経新聞の文字表示もほとんど一緒で等倍表示でも小さな文字は認識可能。

ゲームアプリは起動に時間がかかる「Fieldrunners 2」で試してみましたが、Zのほうがやや早く起動する結果になりました。
ただこのゲームZでは音量をMAXにしても小さかったのに、NXでは中程の音量でも大きく鳴りました。
ゲーム中の動作はカクつきも無くどちらもほぼ一緒。


【バッテリー】

NX2_20130718224636.jpg
NX(エコモードOFF、輝度85%程度で自動調整はOFF)

BA1.jpg
Z

AZ1 (5)
GALAXY NOTE2

いずれも購入初日に通勤中に約1時間ほどブラウザの使用をメインに消費したバッテリー計測。
GALAXY NOTE2とは80mAhしか違いがないですが、比較するとNXのほうがやや多めに消費していることがわかりました。
ZとNOTE2は涼しい時期に操作していたこともありますが、NXはブラウザ操作中でも常時38度前後になり、背面が暖かくなっていることがハッキリとわかるぐらいに上昇します。
PC用のブラウザゲームを開くと42度前後まで上昇しました。

しかしF-10Dを計測したレビュー記事を確認するとブラウザ使用でもあっという間に50度前後に達していたので、かなり改善されており現に熱による誤動作は全く起きていないので、ARROWSはアツアツでバッテリー食い というのは過去のものということがわかりました。


【XPERIAのアプリを移植できるか】

Screenshot_2013-07-20-11-14-56.jpg

XPERIA Aに入っている各種アプリapkファイルを非rootでインストールして使えるか確認。

△XPERIAホーム・・・動作は問題ないもののテーマが使えず、ウィジェットもホームに置けない。
△WALKMAN・・・独自機能が省かれた再生プレイヤーとして使用可能。設定に「サウンドエフェクト」があり、これはドルビーデジタルが反映されるが、ONにすると逆に音量が小さくなってしまうので不完全。
×ムービー及びアルバム・・・起動してすぐ強制終了してしまい使用不可。
×ツール・・・インストールしてもウィジェットに反映されず使えない。

やはりメーカーが違うとうまく動作しないようです。
XPERIA同士だとツールをTABLET Zに移植しても正常作動しますし、XPERIAホームも問題なく動作します。


以上XPERIA Zと比較しましたが、まとめると
音楽・動画などのエンタメ性ならXPERIA
実用的な機能重視ならARROWS

という結論になります。

F-10Dの頃は全部入りの豊富な機能も安定度の面で全然使えない機能も多かったですが、NXではブラウザ動作・GPS・歩数計などのARROWS独自機能、これら全て満足いく動作をしてくれるので、XPERIAには無い豊富な機能がARROWS最大の売りとして生きています。

価格.comでも200件を超すレビューが入っていますが、本当に評判の良い機種だという裏付けも取れたので、今後NXを購入予定のある人は自信を持ってあの頃のARROWSでは無いことを断言します。

これまでのARROWS NX記事一覧


[ 2013/07/18 23:09 ] ARROWS NX(F-05F/F-01F/06E) | TB(0) | CM(1)

F軍団に加入したんでしょうか?
[ 2013/07/19 05:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/917-c325236b