プラスXi割への切り替え&主回線解約時に覚えておきたいこと

プラスXi割の継続期間が半年~1年を切った人が多くなってきていると思いますが、主回線との契約期間がズレているいる場合に気をつけたいのが無駄な出費をせずプラスXi割を解除する方法。
そして夏モデルの安売りでこれからプラスXi割へMNPで加入する際の音声契約からの切り替え手順など覚えておきたいことを、ドコモの回答文を元に紹介します。

8月17日追記
実際に契約し即日変更をして2重請求されていない明細を掲載しました。

2013y08m14d_161529719.jpg
プラスXi割概要ページ



【MNPからプラスXi割への切り替え注意点】

新規・機種変更契約では直接データプランでの契約ができるので問題ありませんが、MNPで契約する場合は必ず一旦音声契約で契約後プラスXi割へ切り替えする必要があります。

以下は契約後当月内に切り替えた場合

<ドコモの回答>

2013y08m14d_162007989.jpg

MNPでの正しい契約方法は青枠で囲った契約が正解となります。

家電量販店でMNP契約
・タイプXi割 にねん 780円
・SPモード 315円
・Xiパケホーダイフラット 5985円→0円で請求されない

     ↓ドコモショップでプラスXi割へ切り替え


・Xiデータプランフラットにねん 5985円 
※プラスXi割の割引価格は翌月から3980円になる

このように契約変更するとパケット定額の2重請求はされません。

絶対にしてはいけないのが「Xiパケ・ホーダイライト」からの切り替え。
これだと二重請求で1万円以上の費用が発生するので注意。


★補足★

2013y08m14d_170528323.jpg

音声⇔データプランの切り替えで二重請求されない組み合わせは
フラット同士 ライト同士なら○
フラット⇔ライトの切り替えは×
このように覚えておきます。


8月17日追記
★2重請求されなかった証拠明細書★

mnp1.jpg

タイプXiにねん+Xiパケホーダイフラット
    ↓
プラスXi割のXiデータプランフラット

契約当日に即日契約変更をしました。契約2日後に表示されたMydocomoの明細に2重請求されていないことを実際に確認しました。
プランも即日データ回線となるので2年縛りにズレも発生せず月々サポートも継続されます。


【主回線を先に解約した場合の対処法】

主回線の契約期間が先に来て解約してしまうと、対象回線であるプラスXi割が適用外となってしまいます。
対処としては「定額データ通信専用プラン」へ変更、もしくは「新たな主回線を適用してプラスXi割の継続」この2つになります。


●定額データ通信専用プランへ変更する場合

<ドコモの回答>

2013y08m14d_164104240.jpg

「Xiデータプランライトにねん」へ切り替えるのが正解。
これだとデータプランが継続されることになるので新たな2年縛りも発生しません。
プラン切り替えは予約できるので、主回線を解約したと同時に申し込んでおけばいいでしょう。
※但し解約月はプラスXi割の割引が無くなり5985円の請求になるかもしれません。

絶対にしてはいけないのが音声プランへの切り替え。
これだと2年縛りが新たに発生してしまいます。


●主回線を新たに適用する場合

<ドコモの回答>

2013y08m14d_164859808.jpg

※昨年10月に問い合わせた時の回答です

特に重要な部分が赤枠で囲っているところで、別の主回線を適用しても月々サポートは消えない。また2年縛りも継続される。
最初に紐付けた主回線を解約後、その場で新しい回線を主回線として登録すればプラスXi割は継続されることになります。


実行される際はドコモショップでよく確認を取ってから行うようにしてください。

<過去のプラスXi割関連記事>
【重要】プラスXi割 代表回線解約時の適用はどうなるのか など
プラスXi割に切り替えた当月の請求額について
ドコモ プラスXi割で見逃しがちな注意点
プラスXi割 解説 Galaxy noteは月額2980円にならない? 対象機種は?

これまでのドコモ料金プランに関する問い合わせ回答記事まとめ
MNPに関する各キャリアの回答記事まとめ


[ 2013/08/14 17:01 ] 携帯料金プラン情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/941-5ecd8667