【株】決算様子見でゲーム株はポジ外し、懲りずにNEW ART少々保有

7月も好調で年間収支は更に50万円ほど利益上乗せ出来たけど、7月第2週目以降はイマイチの成績で保有していたボルテージも上値が重く、結局取得単価付近で一旦ポジションは全解消した。

ボルテージは既存タイトルの売上減に歯止めがかかっておらず、1~3Qまでの売上推移を見る限り17/6月度の下方修正濃厚で、昨年同様決算前の7月末に下方が出る可能性もある。
日足チャートの形は非常に良いけど、決算通過するまでは75日線の1400円付近まで待機。

7KABU (1)

そろそろ日経の一時的な暴落もタイミング的にありそうなのでポジションは解消。
ノーポジは寂しいので動きの乏しいNEW ARTを懲りずに少し保有。

NEW ARTは熱望されていた復配に加え、5月・6月の2度自社株買いが発表されたものの、旬はとっくに過ぎておりほぼ無反応で、ここ最近の低位株祭りがあっても蚊帳の外。
今期の業績予想も相変わらず保守的。1Qは中国複合施設の売上がフルに寄与するし2Qからは台湾の複合施設も加わるので、海外の繁盛次第で今期も上方修正は出してきそう。
それと、前期末にアート事業で20億強買い込んだ商品在庫が1Qで売れているのかこれも気になる所。

ShjJ5cQZ-1.jpg

ここ1年間29円~31円の推移が大半で35円超えは全くなし。
しかし日足はこの所32円を突きだしていて、出来高さえ膨らめば33円~35円のチャレンジもあるチャート。
重い腰を上げて自社株買いしたということは、第1四半期決算の内容は非常に良いと受け取れる。
発行株式数が多いとは言え、イナゴ買いが集まれば関係なしに暴騰するので、業績良いだけに後は注目されるかだけ。

5月から勝ち組投資家のツイートポジションを真似する売買をしてきたけど、ゲーム株全体のムードがやや悪くなってきた兆しもあるので、方向性を戻し好決算・割安銘柄狙いで暴落を意識しながら手堅く行く予定。
(ゲーム株は殆どの銘柄で信用買い残が多く、勝ち組にただ乗っかって業績を全く調べず保有しているホルダーも多く、暴落時はチャート無視の崩壊があるので要注意。サイバーステップがいい例)

[ 2017/07/21 23:36 ] | TB(0) | CM(0)

【株】ボルテージ継続、オルト反発期待、好決算クリーク&リバー注目

7月に入ってもゲーム株の好調は続き、これまで反応が無かったボルテージも暴騰。
ドリコムなど短期売買もまずまずの成績。
1週間で50万円ほど上乗せでき、年間収支はあと少しで300万円に届く勢い。

KABU7.jpg

オルトと同じく逃げ足が早いので天井では利確できず。
利確後少しずつ買い戻し3回転目の保有で再度上昇期待。
アニドルのTwitterフォロー、事前登録の伸びが無いので半信半疑な所があるが、時価総額の近いエディアがキティちゃんの位置ゲー発表だけでストップ高しているので、ボルテージも新たな新作タイトルが決算で発表されれば暴騰するはず。
唯一の不安材料は既存タイトルの売上下げ止まりが見えてこず、今期の再下方修正がありそうだという点。
値動きは荒いがここ半年は1300~1400円で下値が堅く、1500円以上では維持期間が短いので、1500円前半でしぶとさを見せれば更に買い増したい。

オルトはパナさんが全株利確したことで、ほぼ全戻しに近い下落だが、75日線付近まで下げたので底打ちと見る。
中間ですでに既存タイトルの底打ちで上方修正しているので業績に不安は無い。
ゆゆゆいも週末の新ガチャで再び20位台に上昇したので週明けは高く始まりそう。

今週発表があったクリーク&リバーがかなりの好決算で監視対象に入れた。
1200円付近までもう一度下げるようだと買ってみたい。

[ 2017/07/09 17:31 ] | TB(0) | CM(0)

【株】6月はゲーム株売買が成功し年間収支200万円突破 次はボルテージに期待

kabu6g.jpg

6月はオルトプラス、グリー、ボルテージの3銘柄を中心に大きく保有し、後はTwitterで呟かれた銘柄の短期相乗りをする売買が多かった。
オルト、グリーは天井圏で売れなかったものの逆指値でしっかり利確でき、その後逆指値付近がちょうど転換点で更に大きく下げたので、今月の売買判断は稀に見る好調ぶりだった。

年間収支は先月から大幅アップで200万超え。後ちょっとで過去2年間で躓いた赤字も消え生涯収支プラスの更新ができるようになりそう。
前年までの損失繰越で確定申告しているので、今の水準だと50万円ぐらいは還付金で戻ってくるはず。

6月の優待はGMOインターネット、すかいらーく1000株をクロス取引で獲得。
後者は逆日歩15円×3日で33000円相当の食事券がゲットできたので大満足。

SRK6cQdT-1a.jpg

現在の保有は、まだ大きく動いていないボルテージを少し買い増し。
今日朝の高値も前日に「アニドルカラーズ」がファミマ全国展開キャンペーン実施IRが出たことが原因。
パナツイートに煽られている面もあるけど、普通なら反応しないようなニュースリリースでも毎回上げ材料となっているので、決め手となるIRが出るまでは1400円前後は強気の買いでいいと思う。

グリーは1050円台で逆指値利確後今日は窓を開けて大きく下げた。
シノアリスのセルラン1位から想定より早く10位台に後退したことが原因だと思われるが、月末はモンストやCA系のゲームで大規模ガチャ実施しているせいもある。

しかし30日17:00~7月5日まで課金石増量キャンペーンが実施されているので、恐らく明日の朝にはセルラン一桁に戻っているはずで、週明けNYダウが暴落しない限り見直し買いが入るはず。
コロシアムも来週中に開催される予定。
グリーは7月1日から新しい期となるので、ガチャイベントも全力を出してくると思う。

7月は時価総額も低く爆発力あるボルテージで強気に勝負したい。(下げたらもう少し買い増す予定)

※但し売上は減少が続いている見方で予想しているので、3Q配信新作は既存タイトルの減少と合わせ良くて売上横ばい維持と見て今期(17年6月)は更なる下方修正が濃厚。
来期(18年6月)が重要なので今後の新アプリ・新事業の新たな発表が鍵を握るが、煽りツイートだけ見て買ってる情弱イナゴも多数なので、下方修正発表後の一時的な下落もあり得ることは頭に入れておきたい。
昨年は本決算(8/15)前の7月28日に下方修正発表があったので、7月下旬以降は警戒したい。

[ 2017/06/30 20:34 ] | TB(0) | CM(0)

【株】グリー・ボルテージ買い戻し、JAMの再リベンジ

21:30更新

SINO1.png

21:20頃にみるとセルランでシノアリスが1位獲得!
16時から新ガチャスタートだったので、僅か5時間足らずで22位→1位のごぼう抜き。
月末に行われるモンストの超獣神祭期間でも1位キープするようだと大化けの期待。
そして、シンフォギアXDは92位→25位に上昇。リリース開始からまだ9時間。
6月に配信された新規タイトル3つ合わせるとミクシィのモンスト相場に近いぐらいのインパクトがある。
--------------------------------------------------------------

週末の寄りで一旦ポジション利確し、週明けは暴落影響なく始まったのでグリーとボルテージを買い戻し。(オルトプラスはセルラン伸びが落ちたので当面見送り)
そして年初に成功と失敗をしたJAMのリベンジ買い。

KABU2_201706262022464ba.jpg

ボルテージ
→時価総額の低さが魅力。引き続き長期線は上向きなので、50日の1395円付近、75日の1332円付近が下値目処。
6月は権利日で配当は10~15円予想。


グリー
→シノアリスは新ガチャ待ちで週末セルランは30~40位後退を予想していたが、意外にも20位前半キープで想像以上の人気ぶりで買い戻しも大幅に増やした。
ネットのリーク通り26日から新ガチャが始まり、最低でもセルランは2位は堅いしモンスト超獣神祭が月末なので1位も7割ぐらいあり得る。

5bBs58ae-1.jpg

貯めておいた石の最初の10連でボトボトS確定が落ちてきて目玉アイテムが一発でゲット。
共闘ではこのキャラが殆ど見かけなかったので、最初のクレリックアリスより大分絞っているような感じだったので運が良かった。(課金も期待できそう)

「ダンまち」は29日から新イベントで、恐らく新ガチャも追加される。
今でもセルラン11位キープと非常に好調。
そして26日12時から「シンフォギアXD」がリリースされ、初動セルラン92位スタート。
これもアニメ原作みたいなので、ダンまち同様セルラン20位前後をキープできるか期待。

グリーも6月決算で8~10円の配当予想。
明日朝のセルラン状況次第では特買い期待あり。

[ 2017/06/26 20:52 ] | TB(0) | CM(0)

【更新】ゲーム株祭りは引き続きオルト、ボルテージ、グリーの3銘柄で勝負中

6月23日更新

kab.jpg

23日の寄りでオルトプラスが5日線を割って始まったので、1583円で全て利確。
ボルテージは1490円、グリーは22日に1061円で全て利確。
その後マザーズが大暴落したので、結果としてはオルトは天井で売れなかったものの、全て利益のある内に逃げれたので最近の売買判断は中々好調。

オルトはガチャ更新後のセルラン伸びが鈍くなってきたので、ゆゆゆいは上げ材料としてはもう使えない。(ユーザー数増加が課題)
今後は3Q発表時に上方修正期待と残る3タイトルが材料となるが、チャートは大きく崩れたので1200円以下まで大きく下げないと手を出しにくい。

ボルテージとグリーは6月決算で配当もあるし、チャートも崩れていないので週明けの様子次第では買い戻しも検討。
特にグリーは来週中の新ガチャ提供が発表されているので、当初の予想通り26日頃なら権利日に近く買い戻ししやすい。
ただ週末はシノアリスのセルランが大幅ダウンすることが予想できるので週明けの寄りで悲観の投げがでるようなら要注目。

UMNはお遊びのストップ高購入持ち越し。


以下6月21日の記事内容

[ 2017/06/21 22:14 ] | TB(0) | CM(0)