【株】太陽誘電利確→買い戻したが週明けは動きが読めない

TAIYO1_2018012715441859a.jpg

太陽誘電は今期想定レートのドル円110円を割ったこともあり、木曜日の寄り付き1900円成売で全株利確。
そして翌日も大きく窓を開けて2空となり、丁度25・75日線付近で寄り付きそうだったので、この水準なら反発濃厚と思って3000株買い戻し。
が、一瞬反発した後はだだ下がりで、100日線がある1804円まで下落し終値1820円で引けた。
夜間のPTSでは1840円(出来高1300)

週末のNYダウは+223、NASDAQは+94、半導体指数は+43と更に暴騰しているが、ドル円は引き続き108円半ばで日経先物もNYに比べて戻りが鈍く、輸出系がどっちに動くかは読みにくい。
GDは無さそうだけど、2営業日程度で75日線より上に復帰しないとチャートが崩れるので、太陽誘電は1800円を目処に場合によっては買い戻し分は早期撤退も考える。

T761BuDx-1.jpg

森六は3300超えてボックスうわ抜けかと思いきや、円高の影響もあって再び3200円台でもたつく。
ここ数週間3200円後半の位置から5000株~10000株程度の投げが出て前半まで下げるも、そこからは数百株の薄い買いで少しずつ戻すといった展開が続いているので、この辺りは低PERと配当利回りの高さが意識されている。
森六に関しては放置。

後は、決算期待の銘柄を少し狙っているが、中でもイソライトは1100円台で3ヶ月揉み込んだ末の上放れで一番好みのチャートとなった。
1000株は決算付近までロングポジで、信用枠で短期売買をしているが、週明け場合によっては強気に攻めて見るかも。

仮想通貨については今年殆どノータッチ。
CMからアフィまで盛大に宣伝していたコインチェックがやらかしたので、もう一過性の話題というだけで仮想通貨をやろうという素人は激減するはずなので、前も書いたように仮想通貨バブルは昨年で終了している。
メディアで仮想通貨の話題がでなくなり、忘れた頃少しずつ上がってきているみたいな感じになってるかも。

[ 2018/01/27 16:06 ] | TB(0) | CM(0)

【株】絶好チャートの太陽誘電、3200円で足固めする森六HD

cpPVWXla-1.jpg1801KABU.jpg

ここ2週間の日経平均は24000円手前で横ばいの動きが続いているが、引き続き材料株を中心に値上がりが多くムードは悪くない状態。

保有株では太陽誘電がようやく絶好チャートの形になり、金曜日の終値1935円は大きく値下がりする前の陰線より上で陽線となったので、此処から先は動きが軽くなりやすい水準となる。
決算まであと2週間弱で、今週で2000円手前、来週で2000円の攻防をクリアして、天井となった11/9の初値2050円を上回る位置で決算前日を迎える形が理想。
引き続き機関6社が空売りで入り乱れているが、15~18日は軒並み買い戻ししてきているので、やはり決算は上方修正濃厚。
太陽を強気推奨されている鎌倉先生の書籍も今週1/26に発売される。

推奨銘柄95%的中! 鎌倉雄介の株道場――爆上げ株を見抜く法
Amazon  楽天ブックス 1512円(予約受付中)

[ 2018/01/21 21:53 ] | TB(0) | CM(0)

【株】1月前半は好スタートで太陽誘電、森六の二枚岩で当面ガチホ

20181KABU.jpg

1月前半は日経が好調、NYダウはそれを凌ぐ好調っぷりで、すでに利確分で約40万円プラス、含み益分も37万円で年初としてはかつて無いほどの好スタート。

昨年12月からのIPO相場は少し落ち着いてきたものの、未だ仮想通貨関連やカジノ関連が思惑で大きく動いているけど、間もなく第3四半期決算発表時期となるので、業績相場に移ってきそう。
しかし久しぶりに期待ができる銘柄2つに絞れたので、ニ枚岩で大きく勝負しガチホで決算まで迎えたい気持ち。

太陽誘電は何度も書いているように鎌倉先生推奨銘柄で、いつもより超強気の業績予想をされているので信じるのみ。
12月10日の記事:太陽誘電は更なる大上方修正必至
12日時点のコンセンサスは経常利益19,806百万円だが、先生の予想下限であっても15億は上ブレする見込み。
機関の空売り、買い戻しが入り乱れていて、ここ数日は寄り付きが大きくブレがちだが、チャート調整の範囲内に見えるので焦らず行きたい所。

[ 2018/01/12 23:23 ] | TB(0) | CM(0)

鎌倉先生の新刊「鎌倉雄介の株道場~爆上げ株を見抜く法」が1月26日に発売

1ヶ月に1回はAmazonで株やお金に関する新刊を検索チェックするのですが、来年1月26日に推奨銘柄をよく相乗り投資している鎌倉先生の新刊が発売されることがわかりました。

推奨銘柄95%的中! 鎌倉雄介の株道場――爆上げ株を見抜く法
Amazon  楽天ブックス 1512円(予約受付中)

まだ商品画像も無く、鎌倉先生のブログでも書籍について発表が無いので内容は不明。



前書は14年3月に発売されて読みましたが、内容紹介を見る限り前作同様、鎌倉先生独自のPER算出理論による割安株の見つけ方説明が主になるのかも。
また前書にもあった巻末特典で鎌倉先生の推奨銘柄がブログ記事公開よりもいち早く確認できる特典が新刊でもあるみたいなので、これ目的でまた購入するかも。

正直なところ、先生のブログを読んでいればPER算出方法についてたまに記事で説明もあるので、定期訪問者からすると前書も前書きとかが長く、ある程度中身も理解できていた事なので、巻末特典のほうがありがたかったりしたのですが。。。
でも、今回はメジャーなダイヤモンド社から出版されるので、間違いなく前書のすばる舎よりは読みやすく中身も良いものになってそう。

※前作では悪評レビューも目立つが、発売された14年は推奨銘柄が不発な事が多かったことも影響してるかも。
逆に16~17年は寿スピリッツ、丸和運輸、オハラ、フルヤ金属など推奨銘柄のヒットも多い。
なので、Amazonレビューは負けた人の僻み書き込みで書籍の中身に対する評価として捉えないほうがいい。

私的には鎌倉先生のPER理論を基本に銘柄を探しつつ、サイドバーでおすすめ書籍として紹介している、相場師朗著の「一生モノの株のトリセツ」でチャートのノウハウを学習するのがベストだと感じています。(株書籍を読みすぎて色々取り入れすぎるのも逆効果なので)

[ 2017/12/30 16:13 ] | TB(0) | CM(0)

【株】2017年は過去2番目のプラス収支でフィニッシュ、太陽誘電と森六に期待

2017年の損益が確定

201712a.jpg

422万円のプラス収支でフィニッシュとなり、2014年に次ぐ過去2番目のプラス収支になりました。
月毎の年間収支を振り返ると(4月から月末に損益を記事でまとめ)

3月:ー13万(昨年から保有のJAMを往って来い損切り、長期保有NEWARTも撤退)
4月:+4万円(短期売買好調)
5月:+113万円(大口保有の楽天が大幅プラス、中旬以降はTwitter相乗り投資を実線)
6月:+232万円(オルト、グリーのゲーム株売買が絶好調)
7月:+252万円(ゲーム株の勢いが止まる、NEWART3度目の長期保有で購入)
8月:+235万円(NEWART早速塩漬け、昭和真空を少し仕込む)
9月:記録つけ忘れ(昭和真空のストップ高で大幅プラスだったはず、その後ウェーブロック仕込む)
10月:+429万円(ウェーブは上方出るもさほど+収支にならず、DeNA買いとどうぶつ発表がドンピシャタイミング)
11月:+474万円(NEWART3度目も損切り撤退、ムトー、ポンイチ、エンビの中間持ち越しが大成功)
12月:+422万円(中旬にかけ不調で節税のため損切り確定させ買い戻す。)

北朝鮮ミサイルで多少日経が乱高下した際も手堅く売買できたので、5月のTwitter相乗り投資を重視してからは好調が続いた。
12月はハイテク株の下落、直近IPO主体で一番苦手な相場になるし、フォローしてる個人Twitterも春~秋に比べ精度が落ちてきているように感じられるので、殿様イナゴ相乗り投資も少し曲がり角にきた感じがする。



[ 2017/12/27 10:18 ] | TB(0) | CM(0)