楽天ペイ今夏より主要電子マネー14ブランドとAndroidPayに対応し楽天市場でも使えるかも

2月7日楽天がかなり注目度の高いプレスリリースを発表しています。


楽天、国内初 「楽天ペイ(実店舗決済)」が主要電子マネー14ブランドと「Android Pay™」に対応
今夏より、「楽天Edy」「Suica」「nanaco」「QUICPay+」「iD」などを取扱開始

http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0207_01.html

SnapCrab_NoName_2017-2-7_22-0-0_No-00.jpg


楽天ペイ公式サイトからiOS版、Android版アプリをダウンロードすると、近所で楽天ペイに対応しているお店が見つかります。
確認した人ならわかるかと思いますが、東京ならまだしも地方だと有名なお店は対応しておらず、一部の小さなお店のみで数も少ないというのが現状です。

しかし、ちょうど今回の施策が始まる2017年夏以降に利用価値が高まる可能性があります。
ネットショップを運営している人の個人ブログで見かけた情報なのですが、楽天市場で楽天ペイでの支払いが可能になるみたいで、新規出店ショップは4月から、既存ショップは8月以降に導入可能になるとのこと。

ショップ側の手数料増にもなると書かれていたので、規模の小さいショップは導入しないかもしれませんが、大手のショップだと楽天ペイを導入してくれるかもしれません。
そうなると、楽天市場でnanacoやWAONを楽天ペイで支払いできるようになってすごく便利になるかも。


昨年発表された「ポイントおまとめサービスPOICHI(ポイチ)」も秋サービス開始予定が未だにスタートしませんが、こちらも要注目サービスの一つなので忘れてはいけません。
政府もキャッシュレス化を推進しているだけに、他の企業からも対抗サービスが出てきそうで益々便利になってきそうです。
[ 2017/02/07 22:02 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ビットコイン取引所「J-Bits」はスマホアプリのチャート機能に強い

今年から運用開始したビットコインのメイン口座はビットフライヤー
ただチャート表示などの取引ツールが若干不便な感じがしたので、見た目で中々取引ツールが充実してそうだと感じた「J-Bits」を口座開設しました。

SnapCrab_NoName_2017-1-21_15-24-16_No-00.jpg

JBits:https://www.jbits.jp/
※東証2部上場企業のJトラストの子会社「Jトラストフィンテック」が運営

売買口座目的で開設してませんが、マイページや取引ツールなどについて紹介します。
[ 2017/01/21 22:52 ] マネー | TB(0) | CM(0)

NEWART久しぶりの31円脱却に加え、昨日から異常にUNDERが増加中

1月19日のNEWART終値は32円で、久しぶりに売り33円・買い32円の板気配になり31円を脱却した

日本アセットは一旦利確 17年は好スタート発進 NEWARTは月末期待

前回1月10日の記事では、31円の売買に限定され大きい売り玉を31円にぶつけても引けまでに31円が買い戻される展開。
そしてUNDERとOVERの枚数が拮抗してきたと書いた。

SnapCrab_NoName_2017-1-19_21-11-39_No-00.jpg

それが昨日はOVER350万ほどの枚数に対し、UNDERが引けにかけて800万ほどに増加。
今日はUNDERが1000万まで増加し、OVERの2.5倍近くになり最近見なかった珍しい現象。
そうは言っても私自身1円100万株で指値を置いてUNDERの枚数を増やせるぐらいなので、個人でも細工はできる価格なので流れ一つだと思う。
[ 2017/01/19 21:41 ] マネー | TB(0) | CM(0)

日経が速報:16日から楽天銀行が新プリペイドカードを発行

日本経済新聞 電子版が15日「楽天銀がプリペイドカード 銀行単独で全国規模は初 」の速報記事を出しています。

有料会員向けなので、一部記事しか確認できず詳細は明日発表されるだろう楽天のニュースリリース待ち。

検索すると「楽天銀行プリペイドカード(JCB PREMO)」というカードをすでに発行しているみたいでしたが、どうやらこれとは別の新プリペイドカードのようで、たぶんLINE Payカードや おサイフPontaと同様のものだと思われます。

プリペイドでは還元率2%(ファミマTチャージで実質3%)のLINE Payカードが圧倒しているので、これに匹敵する還元率はちょっと難しいか。

楽天銀行はデビットカードがすでにありプリペイドカードと似ていますが、あちらは銀行口座が開設が必要なので、低年齢層でも発行しやすいカードとして区別を出すのかも。
そしてカードデザインは絶対お買い物パンダのはず! これはLINE Payカードへの対抗としては魅力十分なので、もしノーマルのカードだったらすごくガッカリになります。

あとはプリペイドカード用の専用アプリを提供して決済履歴をいつでも見れるようにするとかが考えられそうです。

明日の詳細発表がとても楽しみ!

追記
有料会員向けと書きましたが、ログインすると無料会員でも全文読めました。
ある程度詳細内容が書かれており、チャージ還元は5万円で1%になりそう。
買い物した時の還元率はまだわからないので、そこがもし2%だったならチャージ還元と合わせてLINE Payカードと同等になりそう。

16日追記
発行ページが公開されました
https://www.rakuten-bank.co.jp/card/prepaid/?l-id=top_z_170116_CP777

カードデザインはどシンプルな上に、お買い物時の還元も概要ページに記載が無かったので、還元率0%なのかも。
カードの発行は16歳以上で口座必須となっている時点で子供は取り込めない。
チャージした分の出金もできないような感じなので、これなら直に口座から即引き落としになる楽天銀行デビットカードのほうがマシで、チャージする余計な手間がかかるだけのカード。
年齢制限無しで、親の了承無く簡単に作れるLINE Payカードにこの内容で対抗できると思ったのだろうか。(おさポンにすら劣る)
残念ながら論外のプリペイドカードでした。
[ 2017/01/15 22:54 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ビットフライヤーでAPIを使ったマネーフォワード連携登録の仕方

先日からbitFlyerでビットコインを少し購入しましたが、資産管理アプリのマネーフォワードでもbitFlyerに対応していたので登録しました。

しかし他の証券会社のようにID、パスワードでは無く、APIキーというものを使って連携するのですが、このAPIキーの設定箇所が非常に見つけにくく苦労したので、設定手順を残しておきます。
[ 2017/01/12 21:31 ] マネー | TB(0) | CM(0)