ビットコイン取引所「Quoine」はローソク足チャートアプリが優秀

これでまでにビットコインは、売買用にbitFlyer チャートアプリ用にJ-Bitsがオススメと紹介しました。

ビットコイン入門:最大手取引所「bitFlyer」で始める初心者向け解説
ビットコイン取引所「J-Bits」はスマホアプリのチャート機能に強い

ところが数日前から、J-Bitsアプリのチャートが全く動いておらず、市場は動いているのにおかしいなと思っていたら、残念なことにJ-Bitsは3月24日をもって完全サービス停止するアナウンスが掲載されていました。

「J-Bits」ご利用のお客さまへサービス停止のお知らせ
※親会社Jトラストの株価には全く影響なし

数少ない優秀なチャートアプリで残念ですが、他に変わりが無いか探した所1つだけ見つかりました。(本当にこの1つしか見つからない)
それが「QUOINEX」という取引所が提供するアプリ。

SnapCrab_NoName_2017-2-26_11-36-1_No-00.jpg

公式サイト:https://www.quoine.com/
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/quoinex-puro-shi-yangbittokoin/id1140955992?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.quoine&hl=ja

[ 2017/02/28 20:28 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ビットコイン取引高 日本が世界1位で中国の2倍との報道

昨日のネットニュースで、日本のビットコイン取引高が世界1位で中国の2倍以上もあるということを知ってビックリ。

ライブドアニュース:日本でビットコイン取引が急増、中国を超えて取引高が1位に―中国メディア
@niftyニュース:中国から日本へ、規制強化を嫌ってビットコイン取引を日本に移す中国人投資家=中国報道

関連ニュースには、中国の規制強化を嫌って中国人投資家が日本の取引所に移しているからとも報じられています。
ビットフライヤーでもビットコインアドレスで直接ビットコインを別の取引所に移したり、入れたりできるみたいなので、結構簡単にビットコインを移せるみたい。

ビットコインは大半が中国人の売買だということは知っていましたが、規制強化の影響で中国人が日本の取引所で売買しているということまでは考えてませんでした。

今年は仮想通貨元年と言われていて、年初にカイカ、リミックスポイントが急騰してPERも100倍超えで過熱感ありますが、やはり先々を見越すとビットコイン関連銘柄は急成長してくるのかも。
ビットフライヤーが上場していれば時価総額で、高い安いの判断基準になって投資しやすいのですが。

QsJmEwyF-1.jpg

今年1月からビットフライヤー口座開設して運用していますが
総入金額232,500円に対し、現在のビットコインは日本円換算で248,417円で1万円弱プラス収支になっています。
FXと違いBTCレートがややこしく、平均単価が出せないので大雑把に今までの入金額より増えたか減ったかで判断してます。

今年に入って2~3回の急落は全て中国の規制強化絡み、それでも長期線が足場となって非常に強い上昇トレンドを描いており、前回の高値更新はもうすぐ達成しそう。
天井価格が検討もつきませんが、日本でもECサイトでビットコイン決済できるようにする動きは最近目立ってきているので、まだまだビットコインは始まったばかり。

<関連記事>
ビットコイン入門:最大手取引所「bitFlyer」で始める初心者向け解説
ビットコイン取引所「J-Bits」はスマホアプリのチャート機能に強い

[ 2017/02/17 21:00 ] マネー | TB(0) | CM(0)

Yahooウォレットで預金払い口座にゆうちょ銀行が対応 ヤフオク金券カテゴリ支払いに便利

2月7日にYahooウォレットで預金払い用口座に新しく「ゆうちょ銀行」が対応されたと発表がありました。

Yahooかんたん決済:【ゆうちょ銀行】が「Yahoo!マネー・預金払い」に対応。支払いにTポイントがたまる!

これまでは都市銀行と一部の地方銀行のみで、ネット銀行はジャパンネット銀行のみだったので、仕方なくジャパンネット銀行を口座開設して使っていましたが、今回誰もが開設してるであろう ゆうちょ銀行が対応したことで利便性が大きくアップしました。

Yahooウォレットの預金払いは、どんな時に使うメリットがあるのかというと、それはヤフオクの金券カテゴリでギフトカードなどを落札する時。
金券カテゴリでの支払いでは、クレジットカードで支払いが不可能なため、全額Tポイント決済できない場合は残りを預金払いにする必要があります。


[ 2017/02/09 07:00 ] マネー | TB(0) | CM(0)

楽天ペイ今夏より主要電子マネー14ブランドとAndroidPayに対応し楽天市場でも使えるかも

2月7日楽天がかなり注目度の高いプレスリリースを発表しています。


楽天、国内初 「楽天ペイ(実店舗決済)」が主要電子マネー14ブランドと「Android Pay™」に対応
今夏より、「楽天Edy」「Suica」「nanaco」「QUICPay+」「iD」などを取扱開始

http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0207_01.html

SnapCrab_NoName_2017-2-7_22-0-0_No-00.jpg


楽天ペイ公式サイトからiOS版、Android版アプリをダウンロードすると、近所で楽天ペイに対応しているお店が見つかります。
確認した人ならわかるかと思いますが、東京ならまだしも地方だと有名なお店は対応しておらず、一部の小さなお店のみで数も少ないというのが現状です。

しかし、ちょうど今回の施策が始まる2017年夏以降に利用価値が高まる可能性があります。
ネットショップを運営している人の個人ブログで見かけた情報なのですが、楽天市場で楽天ペイでの支払いが可能になるみたいで、新規出店ショップは4月から、既存ショップは8月以降に導入可能になるとのこと。

ショップ側の手数料増にもなると書かれていたので、規模の小さいショップは導入しないかもしれませんが、大手のショップだと楽天ペイを導入してくれるかもしれません。
そうなると、楽天市場でnanacoやWAONを楽天ペイで支払いできるようになってすごく便利になるかも。


昨年発表された「ポイントおまとめサービスPOICHI(ポイチ)」も秋サービス開始予定が未だにスタートしませんが、こちらも要注目サービスの一つなので忘れてはいけません。
政府もキャッシュレス化を推進しているだけに、他の企業からも対抗サービスが出てきそうで益々便利になってきそうです。

[ 2017/02/07 22:02 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ビットコイン取引所「J-Bits」はスマホアプリのチャート機能に強い

今年から運用開始したビットコインのメイン口座はビットフライヤー
ただチャート表示などの取引ツールが若干不便な感じがしたので、見た目で中々取引ツールが充実してそうだと感じた「J-Bits」を口座開設しました。

SnapCrab_NoName_2017-1-21_15-24-16_No-00.jpg

JBits:https://www.jbits.jp/
※東証2部上場企業のJトラストの子会社「Jトラストフィンテック」が運営

売買口座目的で開設してませんが、マイページや取引ツールなどについて紹介します。

[ 2017/01/21 22:52 ] マネー | TB(0) | CM(0)