LINEPayマイカラープログラムは最大2%還元も全体の利用状況を元にランク分けされる

LINEPay公式ブログ:【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ

3月末に周知された通り5月31日まででLINEPayカード常時2%還元が終了しますが、本日6月1日からの新しい還元施策が発表されています。

linepay1.png
※月間10万円までの利用が還元対象で、超えた分は付与対象外な点に注意

ページには色々書かれていますが、以下の記述が今回の重要なキーポイント。

「LINE Pay」ユーザー全体と個人の利用状況をもとに、相対的に判定、毎月1日に更新されます。

この条件をどう解釈するかによるが、Q&Aの回答

lineppa2.png

これを見る限り予想としては、ユーザー全体の月間消費額上位順に
グリーン20:ブルー30:レッド30:ホワイト20
というような感じで、消費額グループで振り分けられるのでは無いかと思う。

なので、その月で全体利用者の消費額が芳しく無いときは、少額でもグリーンになれるかもしれないし、逆に全体的に消費額が多いときは、上位の基準額が高くなり沢山使ったけどブルー止まりになるかもしれない。
この解釈ならQ&Aの曖昧な回答とも合致するのではないか。

5月はトータル6万円程度使っているが、6月1日のバッジカラーを見て今後のランク維持条件が予測できるはず。
ブルーがクレカの平均でもある1%還元なので、最低でもここを維持できればLINEPayカードを使い続ける価値は残るし、その他インセンティブの内容次第ではメインカードとして維持できる。

他のカードだと一定数まで貯めないと換金できないものが多いが、LINEポイント1PからLINEPayにチャージできる換金性の高さがやはり魅力。

[ 2018/05/29 20:24 ] マネー | TB(0) | CM(0)

無料で買える「仮想通貨四季報: 2018夏号」ニュースサイトでオススメな「COINPOST」



仮想通貨四季報 2018夏号:Kindle版 楽天Kobo版 0円

CRIPCYという仮想通貨サイトが無料で配信している電子書籍があります。
特に広告等も無く、時価総額上位50通貨の簡単な説明、チャート、ロードマップなどが掲載されていました。
仮想通貨は種類毎に特徴がありますが、説明文だけを見るだけでも今後どんな用途で利用されていくのかある程度はわかるのでいいかもしれません。

あと仮想通貨の総合情報でオススメなのが「COIN POST
訪問者も同ジャンルの中ではかなり多く、日々の仮想通貨ニュース報道も早いので、私はこのサイトをRSS登録してチェックしています。
昨日もBinanceでXRP/USDTペアトレードが開始されたことで、リップルが少し急騰して100円を付けましたが、このニュースも結構早かったです。

最新の仮想通貨エアードロップ(無料配布)情報一覧|毎週更新
COIN POSTではエアードロップに関する情報記事もあり毎週更新されているので、無料で仮想通貨をゲットしたい人は別途ブクマしておくといいかも

現在仮想通貨はリップル1本に絞って保有してるので、Twitterでは「リップル情報」をフォローしています。
リップル絡みのニュースだけツイートしているので把握しやすい。

[ 2018/05/05 11:41 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ビットポイント口座開設日数は4日、リップルのスプレッドは狭く見えたが板が薄く大口購入はリスク大

4月22日にリップル(XRP)のスプレッド幅が狭いビットポイントを急遽開設申込したの記事を書きましたが、早くもBITPointの口座開設が完了しました。

ビットポイントログイン後の画面情報なども合わせて改めて状況を報告します。

口座開設日数は


4月22日(日):HPから口座開設申込
4月24日(火)午前2時:審査通過し口座開設手続き完了メールが届く(ここではまだログインできない)
4月26日(木):ログインパスワードが明記されたお知らせハガキが届く

以上のように申し込みから僅か4日でのスピード開設となりました。
一時期の仮想通貨ブームが冷え切った中での申込みだったので、申込者が少なかったのかもしれません。

[ 2018/04/26 21:29 ] マネー | TB(0) | CM(0)

リップル(XRP)のスプレッド幅が狭いビットポイントを急遽開設申込した

今日の昼の記事で、仮想通貨が底打ちした感じなので少額で売買再開したと書きましたが、私としてはリップル(XRP)が現時点で一番信頼できそうな仮想通貨に感じていて、現物で保有したかったのですが今使っている取引所ではスプレッド幅が開きすぎているので買えなかった。
(SBIバーチャルカレンシーズは待ってられない)

記事を書いた後、改めてリップルを扱う登録業者の中で探してみた所、「BITPoint」がスプレッド幅が狭くこれなら売買可能に感じたので、即開設申し込みを済ませました。
実はビットポイントはGMOコインを開設する時から気にはなっていましたが、ログインしていないと通貨レートを見ることができないので見送ったのですが、先週リリースされたばかりのアプリ版をインストールすると、取り扱う通貨のレートが見れたのです。

BITPointWallet:Android版  iOS版

bitpoint.jpg

スプレッド幅がなんと0.4円。GMOやDMMの8円~9円とは大きな違い、これなら購入した直後大幅なマイナスになることが無く、判断を誤っても損切りしやすく塩漬けすることは無い。
(暫く見ていたがスプレッドは1円まで開くことがあった)
相場が大きく動いた時にスプレッド幅が拡大する可能性もあり、そこはまだ知ったばかりで未確認だが、現在の動きでこのスプレッド幅なら大きく開くこともないはず。

[ 2018/04/22 22:55 ] マネー | TB(0) | CM(0)

仮想通貨が底打ちした感じなのでビットコインFXを少額で楽しむ

1月14日:これから仮想通貨始めるならビットコインを手堅く売買し億万長者の夢は捨てること

仮想通貨は年明けの記事を最後に、暫く売買を避けて様子を伺っていましたが、先週ぐらいからビットコインFXを少額で売買しています。
というのも、チャートを見ても一先ず底打ちを示すようなチャートをしていることと、交換業者への立ち入り検査も一段落したことで不信感はある程度払拭されている。
コインチェックはマネックスが買収したし、SBIの取引所が開始されると流れが変わる感じがする。

BIT (3)

売買判断はMACDを一番重視していて、週足は0付近で反転目安に達している。
とは言え、ここから急角度でクロスするも考えにくいので、まだ暫くは80万~120万のボックス圏で推移するような感じがする。

[ 2018/04/22 13:13 ] マネー | TB(0) | CM(0)