迷惑電話番号から発信者を調べてスマホで着信拒否に設定する方法

クレジットカードを作ったり無料の会員登録をしたりすると、たまに電話勧誘がかかってくることがあります。(特に0120から始まる番号)
私の場合、電話がかかってくる予定が無い時は、こうした電話番号には受話せず、発信者を調べた後勧誘系の企業だとわかればスマホで電話番号を指定して着信拒否にしています。

発信者を調べる


スマホだと必ず相手の電話番号が表示されるので、

日本、電話番号検索:https://www.jpnumber.com/

このサイトで電話番号検索をして発信者の企業を確認します。
このサイトでは、検索回数やクチコミ件数もわかるので、口コミ掲示板を見るとしつこい系の電話勧誘か、お知らせ系の電話かどうか判断できますので、評判の悪い番号なら拒否することにしてます。

[ 2017/11/17 07:00 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

マイナポータルが開始されたのでマイナンバーカードでログインしてみた

11月13日?から「マイナポータル」が本格的にサービス開始されたみたいで、マイナンバーカードを使って自分の情報を閲覧できるようになったみたいなので、ちょっとログインしてみました。

maii4.jpg

マイナポータルトップページを開くと、2種類の方法でログインできるみたいです。

ICカードリーダライタを使ったログイン・・PC向け
2次元バーコードを使ったログイン・・スマホ向け

スマホ向けは専用アプリがAndroid版のみ「マイナポータルAP」がGooglePlayで配信されているので、このアプリを使ってログインできるようです。
しかし手持ちのGalaxyNote8は海外端末の為か非対応機種となっていてインストール不可だったので、今回はPCサイトのほうでログインしました。

[ 2017/11/14 22:56 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

joshinカード+dポイントカード+LINEPayカード決済での複雑な3重取りレシート

店舗でのジョーシンでお買い物すると、ポイントカードや独自のポイントキャンペーンといった色々な組み合わせができるので、記録として毎回レシートはEvernoteに保存しておくのですが、今回買い物した組み合わせは還元計算の仕組みがどうもよくわからないので記事にも残しておきます。

joshin.jpg

組み合わせは
joshinアプリお得意様500P付与クーポン+joshinカード貯める+dポイントカード貯める+LINEPayカード決済
レジのバーコードを通す順も、アプリ→joshin→dポ→最後にLINEPayだった

商品価格:税込み8,618円

LINEPay:172P(還元率2%)
ジョーシンポイント(クーポン):期間限定500P
ジョーシンポイント:通常8P
dポイント:39P

アプリクーポンは3000円以上買い物するともれなくで、LINEPayはクレカ決済なので還元率2%はわかる。
しかしジョーシンポイントとdポイントの付与を見る限りどういう還元率設定になっているのか不明。
(クレカ決済する前に店員はポイント付与率は下がりますが良いですかと言っていた)

なおアプリのクーポンはその場ですぐ付与されるが、使えるのは次のお買い物時なのでその場で使用することはできない。
でも、お誕生日クーポンなど商品購入が条件では無いものは、先にレジでクーポンを通して貰っておいて、その後商品を会計するとすぐに使うことができる。

ジョーシンポイント、dポイントについては普通の商品を購入する場合は貯めるが正解で、使う時は楽天ギフトカードなどPOSAカードの支払いで使ったほうがお得だと思う。
以前購入した時はジョーシン、dポ併用使用可能だった。

Joshin店頭でドラクエ11購入。楽天ポイント上限は3万になっており色々割引した
Joshinでdポイントを使って楽天ギフトカードを購入する

[ 2017/10/07 20:36 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

ローソン買い物券使用でもdポイントorポンタカードを見せてポイントを貰える

ヤフオクやフリマアプリでローソンお買い物券が額面割れで購入し使うことで節約できるのですが、レジで支払い時にdポイントカード又はポンタカードを見せることで、ポイントを貰うことができます。

lowson.jpg

例えば、税込み648円の商品購入で
ローソンお買い物券500円とクオカード148円
を併用して支払いした場合、dポイントが6P貰うことができました。

レジを見ていると会計確定前に必ず先にポイントカードのバーコードをスキャンしているようです。
「ポイントで払いたい」と言えば、スキャン後にレジで使用ポイントを操作して会計していました。

ポイントを貯めるだけで支払いは別の方法だと、ポイントカードが返却され改めて会計操作が行われるようです。
クレカ払いならリーダーに通す、クオカなら読み取り口に入れる、Edyなど電子マネー決済ならリーダーに置くといった感じ。
この場合なら、ポイントカード+クレカ・電子マネー分のポイント付与で2重取りできます。

コンビニの中でもローソンが一番、電子マネーやポイントに対応していて複雑な仕組みとなっていますが、どんな支払い方法でも先にポイントカードを見せておけば確実かと思います。
(ゆうパックの発送でも、ポイントを貯めてクオカやクレカ払い可能でした)

ただレジの人が新人店員さんだと複合した支払いの場合戸惑いがあるかもしれません。

[ 2017/09/04 20:12 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

フリルでdケータイ払い+に対応したが今後スーパーチャンス絡みの悪用が懸念される

楽天の子会社が運営するフリマサイト「フリル」で8月28日からひっそりとdケータイ払い+に対応していました。

huriru_201708302045469be.jpg

普通のショッピングサイトなら使えるようになったから覚えておこうぐらいの反応となりますが、フリルを利用している人なら察しが付くはずで、これは相当なサプライズ対応なのです。

というのもフリルではフリマアプリの中で唯一金券取扱可能で、クオカード・JCBギフト券・株主優待券といったものが沢山出品されています。
※Amazonギフト券などPOSA系は今年禁止になっています

dケータイ払い+では8月31日まで夏のスーパーチャンスキャンペーンをしているので、すでにMAXまで条件達成しているなら20倍。dポイント支払いで決済しても15倍前後還元が受けられます。

フリルでのクオカード出品は額面+送料代82円程度を乗せた価格で出品されており、現状は臨時クーポンが配布されない時は額面割れもしくは同額出品で無いと売れていない状況。
仮に3082円で購入した場合で、15倍還元なら462ポイントとなるので、実質2620円ほどで3000円のクオカードが買えてしまいます。

懸念としてはこの手のキャンペーンで無茶する輩が出てくると、複垢と専用出品での自作自演行為で悪用でもされたらフリルでもクオカどころかdケータイ払い+自体が禁止になりかねない。
今のところdケータイ払い+に対応してるメルカリでは、こうした悪用は無さそうで対応継続してるので心配が杞憂に終わってくれればよいのだけど。

<関連記事>
フリマアプリ「フリル」6月19日より楽天ペイに対応 期間限定ポイントも使用可能
フリル実践3ヶ月目レビュー:フリマで商品を売るための秘訣とは

[ 2017/08/30 21:31 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)