中国版HUAWEI Mate30ProにGMS(Google)簡単インストールする方法

グローバル版(LIO-L29)を購入予定でしたが、ヤフオクで中国版Mate30 Pro(LIO-AL00)が10万円で思いの外安く落札することができました。

MATE30PRO.jpg

GMS(Google)インストール方法は入念に調べていて、手順はかなり簡単そうだったので購入に踏み切りましたが、実際さほど悩むことも無く10分程度でアッサリ完了でした。

レビューは色々触ってから後日書きますが、まずは誰でも簡単にできるGMSインストール手順をメモっておきます。
※19/11/1に行ってます。 現時点で必要なファイルも海外サイトでダウンロード可能。

Mate30ProのGMSインストールファイルだけダウンロードした

グローバル版Mate30Proを買おうかどうか迷っているところですが、例のGMS(Google)を入れるファイルを配布しているサイトは発見したので、とりあえずダウンロードしました。
※ファイルが安全かどうかはわからないけど

Mate20Proに「Nova Launcher」を使ってNote9ホーム画面挙動のようにする使い方

HUAWEI Mate20 Proで一番気に入らない部分は、ノッチ部分(通知アイコン表示数が少ない)なんですが、もう一つGalaxy Note9と比べて使いにくいと感じるところがホーム画面。

A3lOp6eL-1.jpg
左がNote9

Note9ではドロワーボタンを消して固定部分にアイコンが5つ並べれるが、Mate20Proではホーム⇔ドロワー切り替えタイプを選択した場合、ドロワーボタンが必ず必要となってしまう。
また、Note9では画面上ほぼどの部分でも、下から上フリックでドロワー画面、上から下フリックで通知メニューを降ろすことができます。

Mate20Proではこの挙動ができず、通知メニューを降ろす時はノッチの縁部分から下フリックしないと降りてこないので、Note9のクセがあるとアプリ検索を開いてしまう操作ミスがよくあります。

この点を改善すべく、久しぶりにランチャーアプリを使って改善できないか試した所、最も有名なNova Launcherで、そっくりな挙動にすることができました。

HUAWEI Mate20 Proレビュー|感度抜群の顔認証、高性能カメラ、安定したバッテリー

HUAWEI Mate20Proを購入して約2週間、Galaxy Note9をサブスマホにしてメインとして使いました。
率直な感想としては、トータル面の満足度ではNote9と同じく現時点では最高峰のスマホで、これ以上の代物は無いと感じました。
しかし、Mate20ProはSIMフリー端末として家電量販店等で入手しやすいし、ポイント還元等で新作なのに最初から実質では大幅に安く購入できるので、そういった部分ではMate20Proの圧勝なので、コスト面では断然Mate20Proです。

すでに製品レビューは多数ネット上に上がっているので、個人的に特に良かった部分を簡単に書きます。


Mate9カメラ感想:4K動画は手振れ補正も効いて動く鳥も綺麗に撮影できる

ライカカメラ搭載のHuawei Mate9で4K動画撮影などをしてみました。



走ってる船上から撮影しましたが、手ぶれ補正が良く効いていてカメラを動かしても画面がそれほどブレていません。
また動いている鳥を追いかけてもしっかり自動的にピントがあっているのでボヤけたりすることはありませんでした。

Mate9の高画質動画は
UHD 4K(16:9 ステレオ)
FHD 1080P(16:9 ステレオ 60fps)
を設定で切り替えられます。