楽天リーベイツ経由はポイント使用でも購入価格合計分が還元対象だった

昨日購入したMedia Pad M5は、楽天リーベイツを経由し、ひかりTVショッピングで購入したが、どうやら各種ポイント払いで決済しても、リーベイツでは購入価格合計分が還元対象のようだった。

rebe.png
M5A.png

※この時のリーベイツ経由では2%還元設定

商品代金36738円の内
28910円分がぷららポイント
5569円分がdポイント(d払い)
残りがクレジット払い

リーベイツ側の金額表示が34,016円となっていて、微妙に税抜価格とも合わないのだけど、少なくともポイント払い分も還元対象という仕様は覚えておきたい。
今回ひかりの割引クーポンは使用していないが、この場合は商品代金が割引後の価格になるので、これはたぶん割引後価格での還元となると思われる。

最近はLINEショッピング経由の還元が大きく、この日もLINEパーティキャンペーンで、15000円以上の購入で1500ポイント還元(経由1%もあり)だったが、LINEではポイント支払い分を除く金額と明記されていたので利用しなかった。
げん玉ポイントインカムといったポイントサイトも、ポイント払い分も還元対象なので、大抵のサイトではポイント払いも含まれるが、この辺は利用してサイト毎の仕様を覚えておく必要がある。

[ 2018/05/21 20:29 ] ネットサービス | TB(0) | CM(0)

ドコモ専売の全画面フルクリアガラスフィルム「DOME GLASS」が夏モデル発表で一番気になった商品

先週ドコモ夏モデルの発表がありましたが、HUAWEI P20 Proが一番の目玉商品といった感じで、Galaxy S9は進化に乏しく、Xperiaに至ってはウリだったカメラまでが最上位機種でも初デュアルカメラ搭載止まりということで、もう完全に終わってしまったブランド感出まくりだった。
Huaweiは3キャリアから発売されることになり、これまでショップの機種変更でしか購入しなかった利用者の獲得が得られるので、今後は一気にシェアを伸ばしてくると予想される。
サービス系では、dポイント投資できるTHEO+docomoも目についたが、通常ポイントのみ使用可能では大した魅力ではない。

その中で地味ながら目を引いたのがドコモ専売の全画面フルクリアガラスフィルム「DOME GLASS」という商品。



[ 2018/05/20 23:25 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

ひかりTVショッピングで「Huawei Media Pad M5 Wi-Fi版」購入 d-01Jからの買い替え費用は2万弱

ひかりTVショッピングで5月18日に発売された「Huawei Media Pad M5 Wi-Fi版」を購入。
発売前の予約価格は4万円以上で10倍還元設定だったが、発売後は36,738円(1倍還元)で販売されており、楽天市場より安いし、ぷららポイントも不要なので在庫がある内に買った。

M5A.png

3月キャンペーンで大量付与された6月末期限ぷららPとdポイントを消化し、残り2000円弱をクレカ払い。
現在使用しているdtab Compact d-01Jはヤフオク中古相場が12000円前後なので、25000円程度の費用で買い替えできる計算。

iPad18年モデルiPadと価格面では若干安い程度でコスパはさほど良くないが、電子書籍メインで使うため320gで使いまわしが効く8.4インチがいいのと、同じ32GB容量でもMicroSDカードが使えるという点がiOSにはない一番のメリット。

性能的にはd-01Jからワンランクアップと言った感じで、Huawei P10と同等の性能になり、GPUも強化されるので3Dゲームの動きもより快適になりそう。
とは言え、解像度はWQXGA2560x1600と変わらずなので、動画や写真鑑賞用途では大きな違いは出ない。
(昨年d-01Jがコスト抜群でオススメできる商品としたのもこの理由)

因みに先日発表されたdtab Compact d-02Kは解像度がWUXGA1920×1200とスペックダウンしている。
タブレットは動画、写真閲覧用途に向いているため解像度が第一優先。
いくらCPUなどが向上しても画質が落ちると魅力半減なので、前モデルのd-01Jはコスパ優れる良機種だと感じる。

今年は自分用に高額商品をまだ買っていないので、Media Pad M5が18年最初のレビュー記事となりそう。
その次は、すでに予約済みで今年一番期待している「GPD WIN2」が6月中旬に届く予定。

[ 2018/05/20 18:27 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

JoshinのPOSAカード購入はジョーシンポイントのみ使うことが可能

4月1日からJoshinでdポイント支払いでのPOSAカード購入は不可になるとのこと

18年4月からジョーシンで販売されているPOSAカードをdポイント、楽天ポイント払いで購入することは不可となりました。
5月時点では、ジョーシンポイント払いでのAmazonギフトや楽天ギフトカード購入は可能となっています。
(期間限定ジョーシンポイントも使える)

JPOSAA.jpg

POSAカードは現金払いのみで、クレジットや電子マネー払いは不可。
試しに「LINE Payコード払いはできますか?」と聞きましたが、こちらもやっぱり不可とのことでした。
期間限定ジョーシンポイントは、ダイレクトメール、店舗毎の独自の企画キャンペーンで来店するだけで100ポイントとかすることもあり、年間トータルすると数百円程度のポイントが何もしなくても貰えるので、利用価値は結構あります。

あと今週末はジョーシン店舗でファミコンミニ ジャンプverの予約が普通にできるようでした。
先日予約したセブンネットはキャンセルして店舗購入することに。
というのも、タイミングが良ければいつものリラックマグッズが貰える会員DMが届くかもしれないから。
あと7月は誕生日ポイントも貰えるし。

BASUDE.png

※WEBでは誕生日割引クーポンが配布されるが、店舗向けバースデーポイントはジョーシンアプリで昨年は貰えた。ハガキでは来なくなったのかも。
来店系は商品買わなくてもレジで見せるだけでポイントが貰える。恥ずかしいと感じるのは最初だけ慣れたら平気。

ジャンプVERの予約はかなり残っているようで、地方なら楽に当日購入できそう。
スーパーファミコンミニの時と同じく当日の転売は良くてトントンだと思われるので、よほど還元率の高い所で買わない限りは儲けは出ないです。(ファミコンミニから定価が2000円もアップしてるし)

[ 2018/05/20 13:21 ] お得情報 | TB(0) | CM(0)

【株】MCJ全株利確、プレサンスは更に買い増してガチホ継続(目標2000円)

uBy1g00D-1.jpg

日足ボリンジャーバンド3σ付近に指値しておいた1823円が午前中に約定したようで全株利確となり、購入から1週間弱の保有で約90万円のプラスとなった。
今期通期予想も良かったが、ここまで一気に上昇した要因は間違いなく株式分割のおかげだろう。
6月末分割後900円台と予想していたので、1800円~1900円が当面の高値ではなかろうか。
期末一括配で優待も3月なので、そこから上の4桁チャレンジは今後の進捗次第。

プレサンスは更に800株買い増してガチホ継続。
4月時点での売上確保率77.9%に加え、19年~21年の中期経営計画予想数字を見るとこんな所では利確できない。

JPX.png

決算後上昇したにも関わらずJPX日経400採用銘柄の低PERランキングは6.6倍の2位まで浮上。(前期はPER7.2倍程度だった)
低PERが多い不動産業の中でも未だトップクラスの割安で、今後の成長性も加味すると1位だろう。
配当利回りは1.9%だが優待利回りでは3%となり、こちらも中々の高配当。

PURE.png

この月足チャートを見ても、ようやく1400円~1600円ボックスを上放れ。
派手に上がっていくタイプでは無いが、少なくとも1900円~2000円までは数ヶ月で狙えそう。

気持ち的には6年前再起をかけ信用で数ヶ月握り続けたサイバーエージェント以来、成長性に期待を持って握れると感じている。

[ 2018/05/15 23:21 ] | TB(0) | CM(2)