リクルートカードの解約(退会)をMyJCBのネット手続きで済ませた

今月から夏の新居引っ越しに向けて少しづつ、キャッシュバック目当てで作った使わないクレジットカードを解約していくことに。(住所変更は面倒)

解約1枚目のセゾンカードは
セゾンカードは電話連絡しないと期限満了後に自動解約となるみたい
で書きましたが、更新ハガキが届き電話で返答していないので、恐らく自動的に解約となったはずなので、2枚目の解約はリクルートカード(JCB)にしました。

このカードは還元率1.2%でJCBだとnanacoチャージで還元もできるカードですが、如何せんポイントに使いみちが無いので、キャッシュバック条件クリア後は一切使っていなかった。

[ 2019/01/12 20:28 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

PayPayボーナス残高は最終増減日から2年間で半永久的 ヤフオク、ヤフショ対応後に焦らず消化

20%還元キャンペーン時のPayPayボーナスが全て残高に反映されました。
(10回やって最後の10回目に全額キャッシュバック3000円弱が出たので、ワイモバ会員1/10確率通りだった)

paypay2.jpg

付与されるボーナス分の使用期限が気になっていたのですが
「PayPay残高の有効期限は最後の残高増減日から2年間」
の記載があり半永久的に貯めることができるので、これは非常に利用価値が高いです。

PayPayライト・・ヤフーカードや銀行からチャージした分
PayPayボーナス・・還元で付与される分
※PayPayライトが近い内に銀行口座出金に対応となるはず

公式ページには「Yahoo!ショッピングで付与される期間固定TポイントがPayPayに変更になります」とアナウンスもされているので、今までネックだった2週間程度の期間限定を気にすること必要が無くなる点は超絶メリットです。

8日から量販店独自のPayPay向けキャペーンやっていますが、さほど美味しくない還元なので焦って使い切る必要は無く、本番はヤフオク・ヤフーショッピングでPayPay対応となる2月中まで待機が良さそう。
ヤフショのJCBギフト券がPayPayでも購入できるようならいつでも換金できるし、買い周り施策次第では上手に貯めつづけることもできそう。
ただ、1ヶ月にヤフショ・ヤフオクで使用できるTポイントは10万円までなので、もしかしたらPayPayもその仕様は引き継がれる可能性もあり。

[ 2019/01/10 19:45 ] マネー | TB(0) | CM(0)

【株】コメダHDの3Q決算数字の見解と今後の株価予想

63dO6lID-1.jpg

保有株のコメダホールディングスの3Q決算発表が出たけど、月次開示してる安定の飲食業銘柄とあって予想通りの数字だった。
同日に12月の月次も発表されたが全店で前年比118%と好調維持

過去の四半期ごとの売上結果と月次の数字を比較すると

[ 2019/01/09 23:19 ] | TB(0) | CM(0)

次回のPayPayキャンペーンは1月10日? ジョーシンのチラシに告知があった

1月5日に入っていたJoshinのチラシに、次回のPayPayキャンペーンらしき告知が出ていて、1月10日スタートとなっています。

paypay_20190106203209b29.jpg

まだ公式ページには何も情報が出ていませんが、第1弾の還元ポイントが1月10日に付与される予定なので、同時に第2弾が開催されるのかも。

前回はdポイント魔法のスーパーチャンスと併用できたので、関西ではJoshinが穴場でお得にお買い物できましたが、今回はPayPay単発になってしまうので旨味は無さそうな感じ。

ビックカメラは引き続き楽天の「エントリーして街のビックカメラで買い物して最大10%ポイントバック」を実施しているので、ビックカメラポイントと合わせて多重還元ができるのかも。
→コメント欄でゲーム機、スマホは対象外との情報頂きました。街のビックカメラは利用したことが無いので還元仕組みがイマイチよく理解できず。

1月8日追記
→PayPayで支払うとジョーシンポイントが還元されるという、お店側の施策のようでした。
ビックカメラ、エディオン、ヤマダも同様のキャンペーンを開始しています。
20190108133610b52.jpg



[ 2019/01/06 20:45 ] お得情報 | TB(0) | CM(1)

【株】コメダ買い増し、日経は短期底入れで20800円程度までリバる可能性あり

68Ar52m_-1.jpg

大発会は暴落スタートとなったものの、値下がり率ランキングでは2桁%下落銘柄が意外と少なく、個別株は昨年末で下がり尽くしたと判断して、2100円台でもコメダを買い増し合計1800株。
日経先物は20000円を超えているので、週明けはかなりの銘柄で特買い気配になりそう。
コメダも30円程度は高く寄り付くはず。
(ドトール、サンマルク辺りが金曜底堅かったのでコメダが巻き返しそう)

IKEI.jpg

日経は12月27日に続き再び窓開けGUになりそうで、いずれも前日に下ヒゲ線が出ているので、短期的な底入れ示唆が出た。
NYダウに比べ長期線との乖離が広がっているので、20800円程度までの反発が期待できる。
NYダウが下落しても、個別株の底堅さが維持されるはずなので、少なくとも3Q決算が出始める1月末までは買い優勢の流れとなりそう。

但し米中90日協議期間が意識される2月は戻りの天井が意識されるので要警戒。
昨年同様1月安泰、2月暴落となることを想定しつつ、短期的には買いの強気で見ていきたいところ。

<追記>
コメダについて詳しく解説されている記事が見つかったので一読。
有利子負債の多さが少し気になっていたが、やはり長期金利リスクが高いと記述されていた。とは言え、10年金利は再びマイナス金利に沈んでいるし、1%にすら遠いので心配無用か。
会計ステーション:理論株価は現在の1.6倍!? 隠れ優良企業コメダコーヒーの企業分析と株価分析

[ 2019/01/06 11:04 ] | TB(0) | CM(0)